T Magazineの表紙、
ニューアルバムは春

毎朝5時にネコが起こすので、ついでに何か良いことが起こってないか、寝ぼけ眼で SNS をチェックするのが私の日課ですが、今日はちょっとしたことが起こっており、二度寝もできないまま今に至る Ham ですコンニチワ!

New York Times が発行しているフリーマガジン「T Magazine」。その3月5日に配布する Men’s Style Issue は、世代の違う3人のミュージシャン、Beck、Kendrick Lamar、Tom Waits をフューチャーしています。表紙も彼らの3パターン。Beck 先生、表紙っす。

記事は New York Times の Web サイトで読めます。ちょっとした映像もあり。
 icon-arrow-right Three Iconic Musicians on Artistic Creation — and Its Importance Now

音楽についてや Pharrell Williams とのコラボについて、そしてニューアルバムについて話しています。それによると、ニューアルバムの発売は “this spring” です。今年の春です。来年の春ではありません。今年の春です。

インタビュアーが言うには、10曲聴いたけど今までの Beck にはないサウンドで、“巨大なダンスフロア対応の盛り上がりと全く新しいソニックレンジを持っている” らしい(Google先生曰く)。

Beck は「シンプルで、アップリフティングで、心を突き動かされるような刺激的な感じ。今作はそういう感覚にフォーカスしている。こういうのはすごく難しくて、とても失敗しやすい。でたらめなものになっちゃったり、ありふれたなものになっちゃたりして。陳腐なものとホンモノは紙一重なんだよね。ばか騒ぎも、色んなムーブメントも、純粋な喜びも、微妙な違いしかないんだ」といったようなことを言っています。


 

表紙の写真どーん。撮影は Craig McDean さんです。髪型からしてグラミーの後だね。

さてどんなアルバムでしょうか。私的には、ファンクやソウルを相手に壮大なジョークをかました「Midnite Vultures」的な試みを、今のミュージックシーンでトライした感じなのかなと思ってます。オチはあるんだよね?てか本気なの?みたいな。わかんないけど。

さて春はいつくるのでしょうか。早くて4月、普通なら5月、遅くなって6月、とかいって7月…かな? あぁ 楽しみ!(そして少しこわい)

4 Comments

  1. こんにちは^^ 楽しく拝見させていただいております。
    待ちに待ったニューアルバム、春にリリースされるようですね!!

    昨年はベックも尊敬していたプリンスが亡くなり、打ちのめされました(とうとうブログまで始めました..。ベックのことも書いています)。
    もう私にはベックしかいない!!

    先日ブイカの東京公演を観ましたが、唯一英語の歌で「Everybody’s Got to Learn Sometime」を歌っていましたよ!

  2. > Raspberryさん
    春と聞いて浮かれてましたが、本当に信じていいのか徐々に疑いを持ち始めている私です。
    ベックだけだと待ち時間が長すぎて辛いですよ。私は好きな音楽がすごく少ないので人生損しています。
    Everybody’s gottaはいい曲ですよね。コーギスの原曲よりBeckのカバーの方が有名なのかも。去年ライブで聴けたのでラッキーです。

  3. レス有難うございます。あ、これカバーだったのですね!
    ベックはオディレイでハマり、以後ずっと追いかけております。東京公演もほとんど観ました。
    春のリリースを切に願います!そして来日公演も!

    hambeckさんの情報収集力素晴らしいですね。参考にさせていただいております。

  4. > Raspberryさん
    じゃあもう20年来なんですね〜(って軽く言ったけど20年ってすご…!)
    情報の出所はさほど多くないので、収集はそれほど大変ではないんですよ。お役にたてて嬉しいです! 今後ともよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

< TOP >