Category Archives: other

@korno - Instagram

本日のBeck in メキシコ

明日の Ceremonia 2018 のためにメキシコ入りしている Beck ですが、本日はメディア・デイだったらしく、いろんなメディアの SNS などに登場しています。スペイン語なのでよく分からないし分かろうとする気ももはやないので貼り付けるだけ貼り付けるぜ!

↓ デコに「LOSER」の烙印(祝福)を受ける人々。ラジオ局、MVS Noticias のインタビューかな?

↓ なんかのインタビューですかね。

↓ これはテレビ局、Milenio のインタビューみたいです。5分ちょっとのビデオです。楽しげなクリップもあり。

↓ 超半目ですが、ラジオ局、Reactor 105.7 FM のインタビューかな。


 
とりあえず今日はそんなところで。

from Double J

最近の小ネタ

Double Jに出演

Beck はオーストラリアのラジオ局 Double J の Zan Rowe(上の人)の番組の「Take5」というコーナーに出演しました。このコーナーは与えらたテーマをものに5曲を選んで語るというもの。Beck に与えられたテーマは「leaps in music – 音楽を前進させ変えた曲」で、下記の5曲を選びました。

  • The Beach Boys – ‘Good Vibrations’
  • Gary Numan – ‘Cars’
  • Talking Heads – ‘Once In A Lifetime’
  • Nirvana – Smells Like Teen Spirit
  • Outkast – ‘Hey Ya’

こちらで聴けます。
 icon-arrow-right Beck’s leaps in music songs

ざっくりテキスト化してある記事もあります。
 icon-arrow-right What we learned from Beck’s brilliant Take 5

(追記)動画もあります。

下は番組の Twitter より。いい写真だね。15年ぶりのふたり。

Numero TOKYO 4月号にインタビュー

後ろの方の「今月のミュージシャン」というページに載ってます。短いし、写真も小さく来日公演時の既出のものですが。
 icon-arrow-right Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ) 2018年4月号 – amazon.co.jp

(追記 3/4)
Numero の Web サイトに載りました。雑誌に掲載されてるものより長いです。いいこと言ってます。
 icon-arrow-right Beck インタビュー「20年たってやっとみんなに歓迎された」

GQの記事がWebで公開されています

GQ 3月号に掲載された DAOKO との記事が GQ の Web サイトで読めるようなりました。
 icon-arrow-right ラップ・シンガーDAOKOはなぜ、オルタナ・レジェンドBECKと曲をつくったのか?

Music Happens Here関連映像がアップ

「Music Happens Here」では主要都市ごとに映像を作ってるんですが(適当な説明)、本日ニューヨーク・バージョンも Youtube にアップされました( US の Spotify では見れてた)。Beck が出演しているビデオは3本。短いですがミュージックビデオばりにきれいな映像です。Beck の髪がボンジョビっぽいですが。監督は Mark Odgers さん。

(静止画、目つぶってるのなんとかしてあげて)

取り急ぎ。

“I’m Waiting For The Man” は日本でも発売されました。 icon-arrow-right iTunes

France Gallを追悼

先日亡くなったフレンチ・ポップの永遠のアイコン、France Gall。その訃報を受け、Beck が Instagram に言葉を寄せています。(上の画像はストーリーから)

ざっくりした訳ですが…

アルバム「1968」には素晴らしい曲がいくつもある。Serge Gainsbourg とコラボした曲たちは名作だね。僕は Sonic Youth とのフランスでのツアー中にそれらのレコードを見つけた。バンドは Bardot や Jane など他のアーティストのために曲を書くことに多かった Serge などに興味をもたせてくれた。覚えているのは2000年に Timbaland のスタジオを訪れた時、彼はもう帰ってしまって誰もいなかったんだけど、このレコードが置きっ放しになってたんだ。もし彼がこの時期何を聴いていたか気になってたなら、これがそのひとつだ。

 

スタジオにいる Beck と Timbaland。二人ともいかしたTシャツ着てる。

ちなみに Beck は2011年の Serge Gainsbourg トリビュートコンサートで、France Gall の “Teenie weenie boppie” と “Les Sucettes” をカバーしてます。ウィスパー Beck です。

 


日曜の朝、目が覚めてスマフォを見やればフォローの通知が永遠と続いており、おぉ?これは…?こんだけ通知が届くってことは…? と、ドキドキしながら Instagram を開いてみると、Wow! Beck が私のイラストを投稿してるジャマイカ! うほー!

year end summing up courtesy of @hambeck_info

Beckさん(@beck)がシェアした投稿 –

Thank you Beck !!! 大変な名誉をいただきました(泣)。光栄の至りです(泣)。しかもちゃんとリンクまでしてくれてる(泣)。絵のモチーフを全部わかってくれたかしら? わかってくれたよね? ブレインミームに吹いたよね?

解像度高めの PDF があるのでよろしければどうぞ!
 icon-arrow-right Beck2017_2000px.pdf

そんなこんなで、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

2017年を振り返る

今年の Beck はざっくり言うと、「U2 の北米ツアー同行」「Colors のリリース」「来日」の3本でした。特に待ちに待った「Colors」のアナウンスからリリース、そして来日にかけての2カ月間はもう最の高でしたね。日頃の活動の原動力はこの時にあるということを実感しました。ニューアルバムってすごい。

愉快なコメントや♥も数多く頂きました。いつもはひとり言をまき散らすだけですが、リリースや来日があるとこうして読者さんやフォロワーさんと一緒にわいわいできるので楽しさひとしおです。どうもありがとうございました!

Hambeck は来年で13年目に突入します。近年、想像だにしなかった夢のような出来事が起こっていますが、来年もこころ濁さず、ピュアな気持ちで、ただ愛と言う名のもとに、粛々とベクっていきたいと思います。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

よいお年を! ゴーン