Category Archives: review

Colorsの感想

私の聴き方による感想です。アルバム制作の背景などの解説や、他者との比較とかはないので、なんの参考にもなりません。あしからず。

——-

 「Colors」がこんなに気に入るとは思わなかった。いわゆるポップスという音楽は好みではなかったし、ましてはその上位に君臨している Greg Kurstin がらみのアルバムなんて、私とはほとんど関係ない世界にある音楽だと思っていた。実際 “Dreams” は(実は)それほど好きではなかったし、“Up All Night” をサントラで初めて聴いた時(2016年9月・この後ブラッシュアップさせてる)も「こ、これを Beck がやるのか…?」と愕然とした。“Wow” は Beck 新味って感じでそれなりに楽しんだけど、“No Distraction” をリークで聴いたときはそのダサさに軽い鬱になったくらいだ。そんなわけでこの「ポップBeck」のターン中は、ひとり暗い塹壕に閉じこもって嵐が過ぎ去るのをじっと待つ覚悟でいたのだ。だが正式なシングルである “Dear Life” を初めて聴いた時、ちょっと待て、私はまた要らぬ心配をしていたのでは?と気づいた。すごくよかったし感動したのだ。Beck は自由になったんだと思った。そしてようやく Beck がこのアルバムでしたかったことがなんとなく分かった気がした。Beck ごめん、私はあなたが Beck だということは少し忘れていた。予想を裏切り、期待を裏切らない男、Beck Hansen。「Colors」、なにコレ、最高じゃないか!

“Dreams” から2年もたってからのアルバムリリースになっちゃったけど、そのおかげでポップな Beck を受け入れる覚悟は出来ていたので、それはそれでよかったのかもしれない。もし何の前情報もなしにこのアルバムを聴いていたら、混乱と動揺で2〜3日は眠れなかっただろう。それでも初めて「Colors」を通して聴いたときは、驚きとそれにともなう半笑いで口が開きっぱなしだった。音が何もかも新鮮だった(音楽界にとっての新鮮な音ではなく、Beck が今まで出したことがないという意味での新鮮さね)。軽快なメロディーや、縦ノリなギターサウンド、ベタなフレーズなど、今まで Beck が避けていた展開や音が盛りだくさん! スタイルをコロコロ変えてきた Beck ではあるけれど、ここまで自分の持ち味を放り投げたのは初めてだよね。その持ち味が大好きな私としては裏切られた感も無きにしも非ずだけど、その執着のなさと勇気には脱帽したし、何よりここまで振り切った潔さに感動すらした。しかもきっちりと上モノに仕上げてくるんだからすごい。最初こそ Beck っぽくないと思ったが、今や完全に Beck のサウンドにしか聴こえない不思議!

作りがものすごく丁寧だと思った。「Morning Phase」もそれはそれは丁寧に作られていたけど、「Colors」はそのノリとは裏腹に、すごく慎重に真剣に作った真面目なアルバムだと思う。本人も「全力で作った」と言っていたけど本当に渾身の1枚だと思った。聴きやすいけど、あざとくなりすぎず、取っ付きやすいけど、安っぽくなりすぎず、すべてが狙い通りに綿密に考えられている感じがする。毎朝起きると日替わりで曲が脳内再生されるほど、ほどよく中毒性のあるメロディーが各曲に備わっているし(そりゃライブ映えするわ)、あざといまでの型通りの展開は、むしろ「そうこなくっちゃ!」と素直に楽しむことができる(それがポップスか!)。それに Beck らしい洗練された音の重なりによる奥行き感、気持ちのよいスイッチ、挿し色的な1回使い切りの音などが加わり、単なるオーソドックスではないデザインされた何かにみせている。Beck はライターというよりはデザイナーよりなミュージシャンだなーと改めて思った。要素を客観的/俯瞰的に見て足し算引き算してる感じ。超細かくてしつこいしね。
聴いてて元気になるアルバムだが、浮かれポンチなアホ・ポップでは決してなく、あくまでエレガントで尻が座っているのも私が受け入れられた要因かもしれない。うすっぺらな多幸感は決してない。無駄な音も、冗長もない。洗練されたナードが真心込めて作ったポップサウンドなのだ。

歌詞がまたびっくらこいた。インタビューで「Greg に暗くなりすぎないようにテコ入れしてもらった」的なこと言っていたけど、Beck ひとりだったら絶対に出てこないであろう直接的なフレーズがちらほらあって面白い。I want you なんか4回も繰り返しちゃってマジかよ! 今までは孤独で独白的だった内容も、今回は相手がいて何か伝えたいような、’生きてる’ 感がある(ような気がする)。でも基本的には Beck は Beck で、達観されたやり切れなさみたいなものも健在してはいるが(安心要素)。
そして ‘Free’ という言葉がキーになっているのも私にとって感慨深い。’自由’ は、中年になった近年の自分にとっても意味深いキーワードなのだ。環境からの自由と自分からの自由。いかに自由になるかは自分の考え方ひとつだったりするのだけれど、時にそれは難しく、ジレンマに悩まされることもしばし。なので同じ中年であり我らの大将である Beck が I’m so free と高らかに歌ってくれたりすると単純に嬉しいし、なんか「うん、そうだよね」と思うのだ。自由、大事だよね!

たぶん今までだってやろうと思えばできたと思うけど、これは Beck がやっちゃいけない類のアルバムだった。無論「これを Beck がする必要あるのか」という批判もある。好みも分かれるだろう。旬な音ではないかもしれないし、世界が Beck に期待してるのはコレではなかったかもしれない。でも Beck は自由になったのだ。誰かが勝手に決めた「Beck がすべき音楽」なんて今の Beck には関係ない。Me からも You からも自由になって、ただピュアな気持ちで、自分がやってみたかったサウンドにトライしたのだ。
フェスティバルで体感したオーディエンスの熱気を再現したかったと言っていた Beck。人生色々あるし、小難しい問題も多々あるけど、そういう「音楽たのしーイエーイ!」みたいなシンプルな人間になる時間は大切だよねというメッセージにも聴こえる。そう、これはあれこれ考えなきゃいけないアルバムじゃない。めんどくさい問題やめんどくさい自分はとりあえず置いといて、今夜はもう踊っちゃいなよっていうアルバムなんだ。心を解放して、自由になってさ。

 
(そしてまた1曲ずつ感想を書きなぐります)

続きを読む

「Beck Song Reader」の国内盤がリリース

Beck Song Reader」の国内盤が昨日リリースされました。
国内盤には、マルセル・ザマ(Marcel Dzama)のポスター(裏は “Heaven’s Ladder”のアートワーク)、Beck による序文の翻訳、粉川しの氏の解説、歌詞の対訳 がついてきます。
序文の翻訳はえらいね。楽譜「Song Reader」は、日本のメディアはほぼスルーだったので、ようやく真のコンセプトが日本語化されたことになります。やはりちょっと難解だけど、楽譜発売前にうちに掲載した翻訳と合わせて読んでいただけると、真意が見えてくるかもしれません。(ちなみにうちのは私が翻訳したのではなく、プロに頼んだものなのでそれなりに信用できます)


さて、その「Beck Song Reader」の私の感想を少し。

どんな方向性にするか、色んな可能性があった企画だと思うけど、コンピレーション・アルバムのご多分にもれず、各ミュージシャンの味をそのままずらりと並べた多種多様な内容になっている。『解釈次第で色んな可能性がある』という「Song Reader」の遊び心が体現されていて面白いなーと思う反面、なんというか、プロフェッショナルな方々がしれっと無難にこなしてる感があり、個性的ではあるのだけれど、なんだかあっさりしている気がしてならない。
ファンによるの演奏は、企画に対するリスペクトや楽しんでる様などが感じとれて、へたくそでも聴いていて楽しかったんだけど、このコンピにはそういった曲への思い入れみたいなものが希薄で、曲を愛する者としてはちょっと寂しく…。単純に苦手な奏者も何人かいたりして、まあ、つまり私の耳はコンピレーションは向いていないんだな…(知ってたけど)。

単純で素直な曲ばかりなわけだし、私的には全体的にもっとシンプルな方がよかったなーと思う。メロディー重視で、それこそキャンプファイヤーで歌ってるような飾り気のない感じでさっ。私はファンが演奏した曲でも、プライベート感のある素朴な演奏が好みだったので、プロフェッショナルな方々によるそういった演奏を聴いてみたいなーという勝手な期待もあったりして。Record Club のセッションのように、Beck の身内だけで作ればまた違ったことができたのではという妄想にかられるけど、いっぱい大人が絡んでいるし、そういうわけにもいかないわな。

一番よかったのはやっぱり Beck の “Heaven’s Ladder”。Beck のファンなので。
Beck にしては普通のアレンジ+録音だと思うけど、普通によい。Beck のコンピ提供曲はいつだって安心・安全!
Jack White のは期待してたけど、Jack と女性がデュエットするのはなぜかちょっと苦手なので残念。
Laura Marling は “Sorry” のような軽快な曲じゃないほうがよかった気がする。
などなどなど。

…辛口を炸裂してしまいましたが、そんな時もあります。
世間の評判は悪くはないので(ハム調べ)、きっと私がひねくれているのでしょう。
ごめんあそばせ。

Morning Phaseの感想

ディスクガイド的なことは一切書いておらず、私の聴き方による私個人の感想です。
無論、長いよ!

——-

 
…若い時は過ぎ、恥ずかしげもなく尖っていた自尊心も今やしおれ、恋愛とかそういうことよりも、将来的な不安や社会の理不尽に小さくため息をつく…私もそんな年代になってまいりました。それなりにこなしていながらも、どうしてかいつも癒されたがっている…そんな中年のかさついた心に、ぐんぐんと沁み込んでくれたこの「Morning Phase」。1曲目から「あぁ いい曲だなぁ〜!」と素直に泣き笑いできる、まっすぐで優しい、Beck 史上この上なく美しいアルバムでございます。

基本的に Beck のアルバムならどんな路線でも大歓迎だけど、内省的なアコースティックはやはり特別。とくにある意味復活をとげた去年の胸熱ツアーのあとなので、感慨深いものになるのは間違いないと思っていたし、実際想像以上に美しく、情景的で、その声は真に迫るものがあった。身体的な不自由と一緒に、自分に課していた制約からも解放されたような素直な音。闇はやはりあるのだけど、今までのような息苦しくなるような闇ではなく、浄化されて深度が増したようなキレイな闇が広がっている。なんと美しい。ほんとに Beck は期待を裏切らないなぁ! すごい満足!

今回は特に音色が美しい。多重なのに透明感のある構成はもちろんのこと、ストリングスやコーラスの美しさたるや…。響きと広がりがとても洗練されていて、聴いていて軽くトリップできる。録音の質も全体的にすごくキレイだし、どこをとっても上質な印象。インタビューで、音響的な実験に長期間費やしたと言ってたとおり、近年の Beck の録音は以前よりキレイ度がぐんとアップしてるけど、今回はその集大成なのではないかしら。汚れた音などひとつもない!

構成も、不必要な音は一音もないんじゃないかと思うくらい、すごく綿密に考えて配置してる感じ(ま、それが Beck なんだけど)。でも演奏自体はオーガニックなんだよね。ラフな音が結構入ってるし、ピアノの何気ない味付けとか、弦のアレンジとか、演奏中に自然と浮かんだフレーズをそのまま入れてるみたいなグルーブ感(決して汗臭くはない)が随所にある。アコースティックなので、そりゃ当たり前かもしれないけど、それらの音がいちいちセンスよく、適当な音も見当たらないのだ。奏者も、それを選択した Beck もいちいちすごい。こういう音を入れたくて馴染みの男衆を集めたんだろうな。バンドには自由にやってもらうというスタンスはこのメンバーだからこそ生きてくるんだなと思った。インタビューでかいま見れる「久しぶりにつるんだ俺たちだけど、余計な言葉はいらないのサ」的な信頼感もうなずけるし、そういう中年の友情なんかにもついでに感動させられる。

また、近年の Beck の録音の特徴にもなっている引き締まったドラムがまた気持ちいい音を聴かせてくれてる。無駄のないシンプルなドラムはとても好きです。ゆっくりとしたリズムの心地よさったら。低音の使い方も攻め気味でクール。

(ベタ褒めは続きます)

そして何より Beck のボーカルがすごくいい! 「Sea Change」では重厚なバックトラックに、ヴォーカルが若干追いついてない感じもあったけど(むしろそれは SC にはぴったりな感傷感なんだけど)、今回はヴォーカルがバックトラックに堂々とのっかっていて、じっくりしっとり聴かせる聴かせる。力強かったり、重ねて響かせたり、息づかいそのまま(といっても選び抜かれた息づかい)だったりと、曲に合わせて質の違うヴォーカルになっていて、歌うことに対する気合いとこだわりが伺える。インタビューでもボーカル録りには時間をかけたと言ってたけど、納得いくまで何度も何度も録り直したんだろうな…。そんな Beck の音楽に対する真摯な姿勢にもなんだか泣けてくる私です。腹から歌えるようになってよかったね!

歌詞は相変わらず悲しみが根底にあるのだが、「Sea Change」のような『僕はどん底に落とされたました』ではなく、『どん底で暮らしてますが、それでも僕は生きています』といった達観の先にあるポジティブさを感じることができる。まあ、印象だけど。もちろんお涙ちょうだい的なやぼったさも、そこから抜け出そうという鼻息もここにはない。ただ普通に、日常と化してる癒されることのない悲しみと先天的の孤独。人生の岐路後の人生。たくさんの比喩と抽象の中に、むき出しの本音のような一節がしれっと入っていたりして、ところどころでドキッとする。

音は豊かで光に包まれているが、ぜんぜん眩しくはない。ただぼんやりと雄大な景色(主に海)を見せてくれているだけ。それが何とも美しく、何とも優しい。中年だもの、無理に元気を出さなくてもいいじゃない。悲しみは悲しみのまま、それでも夜は明けるのだ。

(無駄に1曲ずつ感想を書きなぐります)

Cycle
情景的なアルバムを予感させるイントロ。夜明け前の青みがかった風景が見えるよ。

Morning
なけなしにいい曲。ライブでやった時から大好きだった。イントロで涙ぐみ、サビで落涙。私はこのアルバムは「Sea Change」と内省的ってこと以外に共通点は感じないんだけど(十分か)、“The Golden Age” と “Morning” だけは対をなすかなと思う。意図的かどうかしらないけど構成的にも似てるしね。月の夜を走り抜け、ゆっくりと朝が始まる予感。コーラスのなんと美しいこと。なんと美しいこと…!

Heart Is A Drum
なんて胸熱な疾走感…! 途中から生まれるドラムのリズムが気持ちいい。そしてラフなピアノも素晴らしい。ロジャーマニングは素晴らしい奏者だなぁ!
こんな感じの、光を帯びた音がいくつも通り過ぎていくような奥行きのあるバックトラックはお得意だよね。Beat beat beat, it’s beating me down〜

Say Goodbye
シンプルなドラムと乾いた弦の中に Beck のヴォーカルが冴えるかっこいい曲。いい声してるなぁ! うぁーーーがいいよね、うぁーーー。妙に響かせたバンジョーもポイント。シンプルでかっこいい。大人っぽくてしびれるわ。

Blue Moon
なけなしにいい曲2。力強い Beck のヴォーカルはほんと気持ちよく、そして切ない。
「僕を小さくカットして、そしたら中におさまるから」だなんて…! 終盤のチョッチョコ チョッチョコはすごい発明。このラスト1分はほんと最高の展開です。

Unforgiven
なんという構成美。円が広がっていくようなビョーンとした低音(あれなんの音?)、ストリングス、ヴォーカル、そしてこの引き締まったドラムはジェームス・ギャドソンか! そして最後らへんのハープと、シンバルのツッってとこ最高。でっかいスピーカーで聴きたいね。

Wave
この上なく壮大。圧倒的に孤独。下には重厚で緩やかなストリングスの波、上から降りそそぐヴォーカル(前奏から想定する以上にヴォーカルの音がでかくていつもオォって思う)。印象深すぎる。終盤のヴォーカルと弦がユニゾンするところが美しいったらありゃしない。この曲は Beck 史に残るインパクトだね。

Don’t Let It Go
なんて生々しい歌声。緊張感に引き込まれる。ピアノがピロリンっていってからドラムのリズムが始まるのすごいかっこいい。これと、“Say Goodbye” と “Country Down” の歌い方は、ライブで聴くそれと似た感じだなと思った。ちょっと声が裏返ったりするのをそのまま使ってるし。こんな臨場感のあるヴォーカルは今までなかったかも。すてき!

Blackbird Chain
優しい歌い方。バンドとストリングスの音数たっぷりな演奏は聴かせるねー。構成はとてもキャッチーでスイッチも小気味よい。JMJ のベースがとてもメロディアスで聴き入ってしまう。ネバネバしてたりチェインチェイン言ってるくせに歌詞がものすごく難解。

Phase
見えたよね、朝日。パーン

Turn Away
シンプルにつま弾かれるアコギと Beck の声が優しく儚い。荷馬車にのって故郷に帰りたくなるような、どこかフォルクローレ的なメロディー。くっ、泣ける。

Country Down
こんなしっかり作ったストレートなカントリーソングは初めてなんじゃなかろうか。でもまったくおっさん臭くないのは流石。やるせない歌詞だなぁ。絶妙なタイミングで吹き鳴らされるハーモニカがもう…!(涙)  いい曲だ…。

Waking Light
なけなしにいい曲3。先行して聴いた時は、ちょっと壮大すぎなんじゃ?と思ったけど、アルバムの最後に聴くとまったくそんなことはなく、「Morning Phase」という映画のエンドロールに相応しい光溢れる曲です。最後の思いがけなく入ってくるギターがすごい。考えた人すごい!(Beckか)。ギュンって終わったあとの静けさたるや…。エンドロールが終わってもすぐに席を立つ気になれないほど、感無量感でいっぱいだよオレ!

——–

以上、無駄に長くてすみません。
…絶賛しすぎか!? いや、でも、大げさにならないよう冷静に書いたつもり。すごい満足してますもん、大絶賛ですよ私は!
Beck の場合、毛色が違うので他のアルバムと比較できるもんじゃないけど、このアルバムでまた一段レベルが上がった気がするのです。たぶんもう、昔のようなゆるくてかわいい曲は作らないんだろうけど、私も同じく歳をとっていくので、音楽的にも音質的にも、いい感じに私のニーズに沿ったものを作ってくれるはずだと謎に確信したり。
Beckはほんとにすごい。
 
 

Song Reader がやってきた

きた…!
これは amazon.com で注文した分。beck.com ももう出荷したみたいだし、世界中(のごく一部)で、ぞくぞくと Arrived 自慢が広がっています(私もね)。McSweeney’s で注文したサイン入りはまだこない。カスタマーセンターに聞いてみたら7日に出荷すると言ってましたよ。
 
ひんやり冷たいカバーをあけると、美しく楽しげな楽譜たちが…!
 
きちんと抜かりなく、丁寧に作られたものが放つ、独特の雰囲気や重さといったものを感じたよ。1曲ずつ冊子になっているんだけど、必ず最後にフェイク広告だったり、フェイク広告としてのサンプル楽譜が載っている。たとえば、“Scarlett Weiss による最高のバラード” というキャッチコピーで楽譜が1枚載っていて “全国の音楽ショップで発売中!” とあったり、“音楽の秘訣は衛生です” とかいった見出しがついたコラム広告だったり、“Song Reader Readers のためのミュージックアクセサリー” とかいってバターナイフや缶切りなどの音楽の必須アイテム(?)のカタログが載ってたりする。きっと昔の楽譜はこんなふうにイカしたデザインの広告が載っていたんだろうね。そこらへんにBeckさんは パアァァァァン♥ となったのだろうよ。
 

楽譜は読めなくても英語なら(がんばれば)読める! 少なくともデザインを楽しむことはできる! オーー!
 
それらのサンプル楽譜には “by K. Marx” というように、作曲家の名前が入ってるのもあるけど、そもそものクレジットに “All music and lyrics wtitten by Beck” とあるのでサンプル楽譜を含めた全部の曲は Beck によるものだと思います(裏までは全部とってないけど)。それらのサンプル楽譜は全部で33曲! ギョエーー! すごく短いのもあるけど、本編と合わせて53曲も Beck の曲が入ってるなんて… 全部Beckの音で聴かせてくれよ!(本心)。

アートワークはどれも素晴らしい。Beck はどこでこんなイカしたアーティストたちを見つけてくるのでしょうか。アートワークには元ネタがあるのもあるんだね( ※ Beckによると「We reused a few of the old images on these sheet music covers」だそうです)たとえばコレとか。

こちらのサイトで、Beck が見漁ったであろうアメリカの昔の楽譜がいっぱい見れるので、参考にどうぞ。

ホコリがかぶってたかもしれない既出のモノを、独自の感性で現代的な新しいモノに変えるという Beck のベースとなる手法が、アートワークにも生きています。決して後ろ向きなレトロ趣味ではなく、現代のアーティストによる洗礼された再解釈、、、 憧れの世界がここに…!

そういえば、Song Reader には「Please Leave A Light On When You Go」という曲がありますが、これ、2007年のジャパンツアー時に、大阪でちらっとプレイしてるんだよね! Lonesome Tears の前にアコギで歌った曲。この曲覚えてるし、ブートも何度も聴いたわ! Song Reader 曲の、貴重な Beck の演奏です。

それと細かいことですが、各曲の Published(出版元)がざっと見た感じ全部違うんだよね。まあマジ・クレジットは Beck のレーベルである [Youthless] になってるので、なんかのシャレなんだろうけどさ。これもそうだけど、ジャパニーズには分からんシャレが多々あって(そもそもシャレなのかも分からん)、歯がゆい感じも否めない。ヘンッ

ともあれ、各楽譜のトビラに書かれた “by BECK HANSEN” のという文字を見て、「あぁ Beck の新譜なんだなぁ…」とじんわり胸熱。実物を見てから Beck による序文を読むと、改めてその音楽愛に胸を打たれます。これからじゃんじゃんとみんなが演奏した曲がアップロードされたり、各地で Song Reader 大会が開かれることでしょう(とりあえず月曜に UK の Rough Trade で SR イベントが開催されます)。みんなが知ってるミュージシャンによる演奏もこれから聴けるはずだよね? 手元に届いてからゆっくり時間をかけて味わえる Beck のニューアルバム。こんなアルバムの楽しみ方は初めてだわ。
Thank you Beck! We love you!!

続きを読む

Rework_の感想を少し

Rework_Philip Glass Remixes」の CD が届きまして。
 
amazon や、へたすりゃオフィシャルでも「Rework: Philip Glass Remixed」という表記だったけど、CD ジャケットでは “Remixes” と書いてあり、情報が適当に混乱している様子です。

全体的な感想はというと、取っ付きにくいかもしれない Philip Glass の音楽を、普通にカーステレオでも聴けるくらいにそつなくにポップにきちんとまとめた という印象。特に驚きはないけれども、面白くないわけじゃない… うん、リミックスアルバムにしてはなかなか聴き応えのあるアルバムなのではと思います。

やっぱり断トツで素晴らしいのは Beck のリミックス “NYC: 73-78” ですよ。
(以下、褒め倒します)
 
約21分という前情報が出たときから断トツ素晴らしいのは薄ら分かっていたわ。曲の長さ抜きにしても、Beck のリミックスだけ毛色が違うよね。Beck だけ「Remix」の定義が違う気がする。“Harry Partch” と同様の「分解、自分の味をプラスして再構築」という技法だけど、“Harry Partch” より真面目に、そして Glass の眉間のように深淵で、もちろん洒落っけも忘れない、気合いの入ったかっちょいいリミックスになっていると思う。元曲さっぱり分からないけどね!

毎度のことだけど、音の切り替えがすごいっす。突然スイッチするんだけど、それが絶妙に気持ちいいんだな。展開が小気味いいうえに無駄な反復も一切ないので、21分でも全くだれないしね。ちょこっと入るドラムとか、すげー低音とか、随所でにくい仕事してますわ(いつもだけど)。

そして一際印象的なのは、Beck が3人くらいでハーモニってる最後のパート。アコースティックの中に電子音が通り過ぎるなどの小技はもちろん、エコーな声の中に生っぽい声がスライドしてきたりなど、魔法がかったレイアー感にうっとり。それに加え、まろやかハスキーなBeckの声はとても味わい深く、五臓六腑に沁みわたるわぁ…。ヘッドホンで聴くとトリップ感が増強されて楽しい。、、、いやはや、かっこいいっす。

 
こういうバチギメな曲を聴くと、もっとリリースしてよ先生よぉ と突っ伏して泣きたくなりますが、JMJ が言うには Song Reader とは別の「ずば抜けていい」アルバム?が進行中らしいので(しかもかなりの曲数が生まれてるらしい)、じっと待ちますよ。待ちますとも。