テレビの収録を見学させていただきまして…

10月25日、大安吉日(←適当)。その日は朝から私の心拍数は 100bpm 近くあり(安静時 58bpm)、ドトールのトーストも半分しか食べれず。昨夜は Studio Coast で最高のライブを体験した後、夜遅くまで仲間と打ち上げをしたので体力的にもくたくた。さらに気が立っているのでほとんど眠ることもできないままこの「嘘みたいな日」を迎えたました。

ホステス様より、都内の某スタジオで行われるテレビ番組(バズリズム/日本テレビ)の収録の見学に招待されたのである。Beck のパフォーマンスとインタビューが収録されるとのこと。

お誘いいただいた時から「ものすごい最高なことでは?」と薄々気づいていたけど、これって本当に、ものすごく、最高。パフォーマンスが見れるだけじゃなく、普段見ることができない Beck の様子や、あわよくばお話だってできるのだから…! 集合時間には心拍数 128bpm を記録! グオーー


私たち(私とラッキーなB友)が収録スタジオに入った時はもうバンドがステージ上で音出しをしていました。スタジオの広さは Studio Coast くらいかな? 入口を入ってすぐの待機スペースが私の居場所で、スタジオの一番奥にステージがあります。ステージまでちょっと距離があるけど、待機スペースにはステージを映し出したモニターがあるので、お顔はちゃんと見れます。Beck だ! Beck よ! Beck が声出ししてる…! キャハー

パフォーマンスは “Up All Night” の1曲で、リハを2回やってから本番を収録、数時間のインターバルの後、観客を入れてインタビューの収録をするというスケジュール。パフォーマンスの収録では全部で1時間20分くらいこのスタジオにいたかな。もう、夢空間ですよ。Beck がそこらへんを普通にうろうろしてるんだから!

続きを読む

KCRWでライブ・パフォーマンス など

今朝方、LA のラジオ曲 KCRW の「MORNING BECOMES ECLECTIC」で、ライブ・パフォーマンスとインタビューの映像が公開されました。これは日本に来る数日前に収録されたものです。約50分、フルで見れます!

セットリストは下記

  • Dreams
  • Up All Night
  • Think I’m In Love
  • Devils Haircut
  • Wow
  • Colors
  • Go It Alone
  • Nausea
  • Black Tambourine

箇条書き感想
・バンドの安定感すごいす。
・Beck の目が落ちそうです。
・ポップガードで目しか見えないって!
・珍しく “Dreams” の出だしでオリジナルのキー出してた。がんばったね。
・“Colors” でサビがこんがらがっちゃったのか吹き出す Beck かわいい。
・B-53’s の仕事っぷりを初めてちゃんとみた。みんな頑張ってた。
・ロジャマニさんちょっとしか映んなかった。
・クリスは何ぶら下げてるの?
・“Devils Haircut” での Beck の安定した反復ギターを堪能。
・“Black Tambourine” がよかった。
・インタビュー、2人ともいい声。


また6日は、サンフランシスコで開催された Salesforce のカンファレンスの余興担当としてパフォーマンスを行いました。セットリストは不明です。

Mateoさん(@mateomtb)がシェアした投稿


 


10日金曜深夜放送の「バズリズム」に出演する Beck ですが、番組の予告動画が公開されています。楽しみ!

@beck - Instagram

ニュースいろいろ

先週仕事をサボりまくったせいで、今そのツケを払わされている私ですが、とりあえず小さなニュースをざっくりまとめておきます。


J-WAVE「TOKIO HOT 100」にゲスト出演

11月5日 13時〜 来日時に録ったインタビューらしいです。ちなみに “Up All Night” は6週連続1位の快挙中。 icon-arrow-right 参照  icon-arrow-right radiko

Beck と Cornelius の対談がラジオで放送されます

InterFM897『SONIC RADIO』、11月6日 20時〜。WIRED JAPAN にも後日、記事が掲載されるとのこと。 icon-arrow-right 参照  icon-arrow-right radiko

KCRW の Morning Becomes Eclectic に出演します

11月7日 PT10時〜。パフォーマンスあるんだよねコレ? 楽しみ! 日本ではど深夜に公開されます。 icon-arrow-right 参照

Billboard Japan にインタビュー(日本語)

いいインタビューです。原文はこちら。 icon-arrow-right 参照

rockinon.com にのインタビューの要約が掲載(日本語)

原文は The Guardian です。 icon-arrow-right 参照

ここで素敵な Beck さんのお写真をどうぞ。撮影は Larry Hirshowitz 氏。

日本テレビ「バズリズム」にゲスト出演します

11月10日 24時59分〜。25日に収録したものです。パフォーマンスとインタビュー!  icon-arrow-right 参照

日本テレビ「スッキリ」でインタビューが放送されます

11月のいつか(まだ未定or不明)。24日の Studio Coast で収録されたものです。 icon-arrow-right 参照

「Modern Guilt」と「Mutations」の LP リイシューがリリース

なにげにリリースされてます。「Mutations」はオリジナル盤同様に7インチ付き。
 icon-arrow-right Modern Guilt @amazon
 icon-arrow-right Mutations @HMV

 
ドジャースのゲームを見にきた本日の Beck さん イエーイ(隣は知らないおじさん)

プリズムが入ってなかった件

beck.com で「Colors Deluxe Bundle」のセットを購入した人はぼちぼち届いていると思いますが、肝心のプリズムが入っていない人が続出しています(私もそう)。問い合わせた人によると、出荷時にプリズムの入荷が間に合わなかったとのこと。後送する気なんだと思いますが、念のためメールしておくと良いかも。ちなみにカセットも遅れてます。

Beats 1 の Elton John の番組「RocketHour」に電話出演

放送済みです。Apple Music に入ってる人はアーカイブが聞けると思います。

「Colors」は Billboard 初登場3位にチャートイン

「Morning Phase」とタイです。

今決まっているライブ情報

11月6日 – San Francisco, CA – Salesforceのためのエクスクルーシブ・ショー
12月9日 – New York, NY – ヒルトンのオーナーのためのエクスクルーシブ・ショー
1月19日 – Los Angeles, CA – iHeartRadio ALTer EGO fest
2月24日 – Sydney, Australia – Sydney City Limits festival
3月3日- Auckland, NZ – Auckland City Limits festival
5月27日 – London, England – All Points East festival なかなか豪華なラインナップ


そんな感じ? ラジオのインタビューがもさもさありますが、もうスルーです。雑誌にもいくつか載るみたいですが、それは後日。それにしても、もう10日もたったなんて信じられん…!

Beckさん(@beck)がシェアした投稿

10/24 新木場Studio Coast公演

さて、お次は Studio Coast 公演。…結論から申し上げて、最高でした。私にとって今まで見たライブで一番の素晴らしいライブでした。世界の Beck ファンが羨む予想外のセットリスト。Beck に Crazy で So Fun と言わせたあのすさまじいオーディエンスのパワー。こんな Beck のライブは初めてです…! Beck、本当にありがとう!


今回の来日では Instagram が大活躍ですが、開場前にもリハの様子をライブで配信していました。嬉しいことしてくれるよね。こういう配信もそうだけど、日々のポストやストーリーで、Beck が日本をうろついてる様子が垣間見れるのってすごい楽しい。Beck(や Beck チーム)がインスタ好きで色々よかった。

私は今回も神のご加護により最前列だったのですが、ちょっと出遅れてセンターには行けず、右側の Dwayne 前を陣取りました。超見えます、Dwayne が。
やっぱライブハウスでの公演は熱気が違うよね。時間が経つにつれ、じりじりと人が詰まっていく様子が空気で分かる。ステージは武道館より超近い。こんなに近くで Beck が見れるなんて、そりゃ心拍数も倍に跳ね上がります(Apple Watch 調べ)。

開始時間は押さなかった気がするが定かではない。客電が落ち、ライダースに黒っぽい柄のシャツ+ハットいったロックな出で立ちで登場するBeck。歓声とともに前に押し寄せるオーディエンス。鳴らされるギターリフ。かっこよさと圧迫で死ぬー!

そのままの熱量で定番曲を数曲クールにキメた後、懐かしいリズム音が…! “Timebomb”(私の曲)じゃないか!

まさか再び “Timebomb” が聴けるなんて思わなかった。だってこれ10年前の曲だし、アルバム未収録なんだぜ? みんな知ってるの?(知ってそうだったけど) 背景のスクリーンには何も写ってなかったけど、私にはあのビデオが見えたよ!(あとライアンも!)ナーナ ナーナ!

そして、次は、何ということか、超ビックリ “Seventh Heaven”! 今までサウンドチェックでやった気配もなかったし、超驚き、超うれしーー! ライブでは初披露です。

今聴いても泣ける…! ラーブ ラーブ ラーブ ラーブ♪ の前にマイク置いて「踊っちゃうもんね」って感じで踊るところがすごく好き。

そして中盤、“Lost Cause”、“Heart Is A Drum” をしっとり聴かせてくれたあと、「もう1曲静かな曲を」と言って始めた曲は、これまた何ということか “Fix Me”…!(涙)これまた初披露です。

嬉しすぎる…。海外のファンは羨むだろうな〜と思いながら、この幸福を噛みしめました。歌い慣れていない感じだったけど、むしろその飾り気のない声がしみる…。もうなんだってしみるけどさ!

ここから怒涛の Colors ラッシュになります。お次は “Dear Life”(初披露)!マジかー!

“Girl” を挟んで “Colors”! ここで Beck さんの素敵なおダンスをお楽しみください。

masaさん(@sofmohi)がシェアした投稿

そして、“Wow”、“Dreams” で踊らせて、

“Up All Night” で終わると思いきや、なんと、“l’m So Free” もやってくれるんかいな!?!? 死ぬー!

すさまじい…! 皆殺しです。サビで Beck が歌わずにギター弾きながらぴょんぴょんしてるのがグッときた。「オレはギター弾くからお前らが歌え」と言わんばかりにさ。私的にこの日のハイライトはこの “l’m So Free” です。ライブでやったら間違いなく最高だよなと思って、コーラスする部分とかシュミレーションしながらいつも聴いてた曲ですもの。聴けてよかった! 超楽しかった! Beck 最高!

<セットリスト>

  • Devils Haircut
  • Black Tambourine
  • The New Pollution
  • Think I’m In Love
  • Mixed Bizness
  • Timebomb
  • Seventh Heaven
  • Qué Onda Guero
  • Go It Alone
  • Nausea
  • Lost Cause
  • Heart Is A Drum
  • Fix Me
  • Dear Life
  • Girl
  • Colors
  • Wow
  • Dreams
  • Up All Night
  • l’m So Free
  • Loser
  • E-Pro
  • Where It’s At

その熱気のままラストまで走り抜け、終わってみれば全部で23曲! 1時間35分の濃密なライブでした。この日は、Beck 特有の妙な間はほとんどなかったのではないか。無駄なくクールでスピード感のあるライブだったように思う。あと、武道館同様「Colors」の曲のお客の反応がすごく良くて、みんな「Colors」大好きなんだなと思った。「Colors」みたいなアルバムを Beck がやる必要があるのか?という意見もあるけれど、このライブを見るとそれは愚問なように感じる。自分のためにも Beck はこれを作る必要があったのだ。もうすでに「Colors」はライブには必要不可欠だしね。

「Colors」からやらなかったのはたったの2曲! 世界初披露が4曲! まさかこんなにやってくれるなんて…! ホステスさんもびっくりしたとおっしゃっていました。この夜を特別な日として選んでくれた Beck に感謝感激です大好きです。

しかもこのライブ、1月にMTVで放送するそうです。この伝説級のライブが綺麗な映像で残るなんてスペシャルすぎる…! ぜひオーディエンスの熱気ごと放送していただきたいです。

それでは今宵もインスタで見つけた素敵写真集でお別れです。(一番上のやつは自分のだけど)

Hamさん(@hamcane)がシェアした投稿

来日公演は2日間でしたが、私的には3日間ありました。なんと TV 番組収録の見学という、夢のようなご招待をいただいたのです。Beck が普通にそこらへんをぷらぷらしているという、まさに Seventh Heaven なひと時…。このレポート(つーか自慢?)は番組放送後の11月上旬にアップしようか、その前にアップしようか悩み中。とりあえず書いてみるわ!

10/23 日本武道館公演

さて、、、
昨夜、Beck さんは日本を飛び立ちました。すでに愛する家族が待っている LA に戻っていることでしょう。Beck、来てくれて本当にありがとう! 疲れが速やかに癒されますように。
心身ともにフルスロットルの3日間でした。これからぼちぼちまとめていきたいと思います。まずは23日・日本武道館公演から!


当日は朝から完全にフワフワしてたので、早過ぎだろっと思いつつ、昼すぎには武道館に向かった。LAN の野郎(台風21号)は明け方には東京を通りすぎていたので、御空は青く、武道館のタマネギも燦々と輝いている。到着した頃にはサウンドチェックも始まっており、瑞雲たなびく空の下、風にのって Beck の歌声が聴こえてくる。あぁ、Beck がそこにいる! Beck! Beck!

始まるまで、物販の様子眺めたり(あの日本Tシャツ結構売れてたぞ!)、人々の記念撮影の様子を眺めてましたが、私のポンチ絵のトートバッグを持ってる方が何人かいらして、ちょっと感動。このバッグをライブに持って行こう!と思う気持ちが嬉しいしかわいい。

暇なので Instagram をチェックしていたら、Beckチームの人が、さっきそこらへんを散歩してた白いもふもふしたでっかい犬と Beck の写真をアップしているではないか! あの犬、Beck の知り合いだったのか!?

(↑これは飼い主さんのポストだけど)ラブリー3点セットです。美脚です。こうなったワケを後で伺ったので、然るべき時がきたらしたり顔でお話します。

そして開場。
聖なる色紙所持者である私は神のご加護を受け(?)最前列で見ることができました。どセンターだとマイクで顔が見えないので、ちょい左より。神に感謝です。前座は Cornelius。Cornelius を最前列で観れるってのもまた贅沢な…!

Cornelius のライブは1度観てるけどそれは 69/96 の頃なので、つまりこれが初めてと言ってもよいでしょう。ドキュメンタリーで見ていたので内容はわかっていたけど、気持ちの良い素晴らしいライブでした。テルミンを弾く小山田さんかっこいい。最後の “あなたがいるなら” がすごく良かったなー。「次はお待ちかねの Beck です。楽しみましょう」と、最後に人間味をちらつかせて小山田さんは去って行きました。次はお待ちかねの Beck です! Beck! Beck!

前で観るのと後方やスタンドで観るのとではだいぶ印象が変わると思うし、後ろのオーディエンスがどう反応してるのかも私は分からないので、あくまで私の感想のみをくっちゃべります。

満を時して出てきた Beck はもうそこにいるだけで最高でした。いつものサンローランの上下にスクエアドットの白シャツ、そしてハットといった素敵スタイル。細長く形の良い肢体に、最高にかっちょいいぴかぴかのでっかいお靴まで見える! 最前すげぇ! Beck! かっこいい Beck! 1曲目はもちろん盛り上がらないわけがない “Devils Haircut”!

2曲目に “Nausea” をもってきたのは意外でしたね。久しぶりに聴いた。そして定番にして最高にクールな “Black Tambourine”、大好きな “Think I’m In Love”、Pollution、Guero とたたみかけ、そのあとに “Wow”。ここで “Wow” を入れるのも意外だった。“Wow” よかったよ! “Wow” をライブで始めた当初は後半の展開する部分がなかったんだよね。私は後半が好きなので、ちゃんとやってくれて嬉しいです。ワ〜ォするの楽しい。

そして聴かせる系ゾーンに突入。“Lost Cause” で Beck が今そこにいる事実をじんわりと実感する。私周辺は割と男性率高めだったと思うけど、この時は男も女もみんなは動きを止めて、全身で Beck の歌を聴き取ろうとしてる雰囲気が感じられた。各々がほわわんとして、自分と Beck だけの世界に没頭する。至福すぎる。はー 泣けるー。

Hamさん(@hamcane)がシェアした投稿

“Girl” から後半のダンスタイムへ突入。「Colors」からは “Colors”、“Dreams”、“Up All Night” と3連発ですよ。ここらへんが一番お客さんの反応がすごく良かった気がするんだけどいかがでしょうか? みんなちゃんと聴き込んで、楽しみに待ってたっていう気持ちが大爆発した瞬間だったように感じた(少なくとも前の方はそうだったよ!)。でも “Colors”、サビをどう歌っていいのか分からないよね☆(Beck も歌ってないし)

「Colors」の曲を初めてまとめて聴くことができたわけですが、“すべての人に向けた”という「Colors」のコンセプトどおり、みんなが無条件で楽しめるライブ映えする曲だなーと体感した。コーラスをシンガロングできるし、飛んだり揺れたりとメリハリがある。Beck のボーカルが大雑把でもノリで何とかなるし、むしろオレが歌ってやるよくらいな勢い。うん、ライブで聴きたい曲がまた増えて大変だ!

そんでもって、“Loser” でまた一泡吹かせて、“E-Pro” でダン。“E-Pro” の途中のハウ〜ハウ〜のところのダンス(ダンスかなアレ?)がすごくかわいかったんだけど映像残ってないなー。残念。

そしてアンコールの “Where It’s At”。Beck さんは白ジャケット、白ハットで再登場。ビデオはメンバー紹介から。

Dwayne が “Good Times”を、Jason が武道館デビューということで Cheap Trick の “Surrender” を歌っています。B-53’s が “Once In A Lifetime” の替え歌を、Roger Manning が “Cars”、Chris Coleman が “In the Air Tonight” をプレイしてます。Chris はいい音だすね〜。力強いがすっきりとした澄んだ音! Beck はいつもどおり “One Foot In The Grave”。Beck、オ〜オオ オ〜オって言うのが癖になってるよね。ウララ サッソン〜とかでもいいんだよ? Beck は最後「アリガトゴザイマシタ See you next year」と言って帰って行きました。See you next year だってよ!?

<セットリスト>

  • Devils Haircut
  • Nausea
  • Black Tambourine
  • Think I’m In Love
  • The New Pollution
  • Que Onda Guero
  • Wow
  • Mixed Bizness
  • Soul Of A Man
  • Go It Alone
  • Lost Cause
  • Blue Moon
  • Girl
  • Colors
  • Dreams
  • Up All Night
  • Loser
  • E-Pro
  • Where It’s At

 
すごく楽しくて満足なライブでした! 前座があったのと時間に厳しい武道館ということもあってか、曲数が若干少なめでしたが、Beck が最高であることには違いありません。Beck 最高です。この最高な Beck を次の日も観れるんだからもう最高すぎです。しかもその2日目がさらに最の高だった…! それはまた別のお話…

最後にインスタで見つけた素敵なお写真を連打してお別れです。

鴨さん(@kamo2626)がシェアした投稿

lo_olさん(@lo_mink)がシェアした投稿

lo_olさん(@lo_mink)がシェアした投稿