Paisley Park Sessionsがリリースされました

「Paisley Park Sessions」なる3曲のセッション音源がAmazonからリリースされました。Amazon Music(要アカウント)で配信されています。また、Amazonのアカウントがあれば、3曲500円で購入もできます。
 
 
 icon-arrow-right Amazon Music
 icon-arrow-right Amazon販売 (「今すぐ再生」の下のオプションより購入できます)

これは何かというと、ミネアポリスにある Prince のスタジオ Paisley Park で9月中旬に録音・録画されたもので、“Where It’s At”、“Up All Night”、Prince のカバー・メドレーである “The Paisley Experience” の3曲が収録されています。Prince のカバーはライブでおなじみの “Raspberry Beret”、そのあと “When Doves Cry”、“Kiss”、“1999” と続きます。

今年初めにスタジオからのレコーディングの招待を受けたらしいです。Prince の死後、スタジオAでレコーディングを行った最初のメジャー・アーティストとか(広報より)。

映像は11月18日に Youtube で公開されるみたいですが、現在 Behind the Scenes を見ることができます(朝は見れなかった)(ライトセーバー持ってそうなスクショ)。

ライブとはまた違ったアレンジすね。熱量の高いセッションです。バンドも自由度高いです。3曲なのにブラウスを着替える Beck。リボンタイが麗しいです。

(追記 11/13)
udiscovermusic.jp が Beck のコメントの和訳を載せた記事をアップしました。
 icon-arrow-right ベックがプリンスのスタジオで録音した EP をAmazon Music 限定配信。プリンス・メドレーも収録
ちなみに、「Hyperspace」は日本ではユニバーサルミュージックからリリースされることになったので、国内のおける情報はユニバーサル本体(@UNIVERSAL_INTER)とそのキュレーションサイトであるuDiscoverMusic(@uDiscoverJP)がシェアしていくことになると思います(メディアの独自取材を除き)。 “Dark Places” のリリースに触れなかったりと謎なムラがありますが。


そして先生より一言。

…はい。

2 Comments

  1. ハムさん、今晩は☆
    ジェイソンは、以前ペイズリーパークレーベルでレコードを出していた様ですし(セッション中、ギターにプリンスのシンボルマークのネックレスをかけたりしてますね)、クリスはプリンスの晩年、プリンスのドラマーをやっていたり、ベックとバンドメンバー全員のプリンスへの思いが爆発した様なレコーディングで、ベックは、プリンスへの思いの丈をある意味満足できる形で一旦放出できたのでは?なんて想像しています。
    P&B大ファンとしては、もうこれ以上嬉しい事はないです~~大泣!!
    スタジオA、一般人も見学出来るのならいつか行ってみたいです。
    11/18が楽しみです!!

  2. >AquaOrchidさん
    こんばんわ〜
    プリンスのファンでBeckも好きな方は嬉しいようですね。私はとくに思い入れはないのでアレですが、音だけじゃなくて映像も公開してくれるのは楽しいですね。強いて言えばセッションだけじゃなくてちゃんとしたレコーディング音源がほしかったなー(贅沢)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

< TOP >