by Mikai Karl

ユニバーサルの火災についてのまとめ

2008年に起こったユニバーサル・スタジオの火災で、多くのミュージシャンの多くのお宝マスターテープが焼失し、しかもそれを今年になるまで隠していたという事件。Kレコード以外のレコードはすべてユニバーサル関連下にある Beck もその被害者の一人として名前があがっていましたが、最近の The Sydney Morning Herald 紙のインタビューでその詳細を語りました。
 icon-arrow-right Beck fears most of his music has been destroyed

以下はその意訳です。

・マネージメントはまだ何が失われたか教えてくれない。彼らはニュースを伝えるのが耐え難いので僕には言っていないのかもしれない。

・リリース済みなのはレコーディングした内の10%で、未発表の90%は焼失したかもしれない。

・「Sea Change」にはアルバムの雰囲気に合わなかったから入れなかった10〜20曲のアウトテイクがあった(それも燃えたかも)。

・2001年に Sunset Sound で録音した25曲の Hank Williams のカバー・ダブルアルバムは、コピーを持っておらず、マスターテープでしかないのでたぶん失われた。

・ナッシュビルで2日で録音したカントリーアルバム、「Odelay」の前に録音した Pavement や Sebadoh のようなロックアルバム、95年に Jon Spencer Blues Explosion とニューヨークで作った10曲のアルバムもどうなったかわかんない。

 
、、、と発言したのを各メディアが取り上げ、ちょっとした話題になったところ、Beck がすかさず SNS でフォローを入れました。

I wanted to clarify some out of context quotes regarding the universal archives fire. Since the time of that interview we have found out that my losses in the fire were minimal.
Another point I want to clarify: I have had a wonderful and very close relationship with my management for 25 years through to working on my current album. x

僕はユニバーサルの火災についての文脈を無視した引用を明確にしたかった。インタビューの後、火災での僕の損失は最小限であることが分かった。
もう一つはっきりさせておきたいのは、最新のアルバムを制作するまでの25年間、僕とマネージメントは素晴らしくとても親密な関係にあるということ。

 
Beck はこれよりもうちょっと長い文を投稿、すぐに削除し、リライトして再投稿しています(上はリライト文)。リライト前の文では、オリジナルのマスターテープの大部分は安全に無傷であること、マネージメントを最高に信頼していること、お騒がせしたことについてのお詫び、問題ないしすべて順調であることが書かれてました。

うん、波風立てたくないのはわかった。で?

損失は最小限(my losses in the fire were minimal)というのはどの程度なのだろうか? インタビューで述べた未発表曲のマスターは全部焼け残ったの? バックアップが残ってたの? …と色々疑問が残りますが、まあ、具体的に明確に公言しないのが Mr. Beck ですし、とりあえずは安心しておきましょう。

しかしリリースされなかったら我々にはないも同然! これを機にリリースしましょうよ! Hank Williams 絶対いいよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

< TOP >