by Rii Schroer

2019年を軽く振り返る

Night Running ツアー

Cage The Elephant、Spoon のお三方に若手バンド1組を加えた4アクトで、1ヶ月半アメリカ各地を回りました。プチフェス形式は初めての試みでしたね。若バンド及び Spoon の時間帯にお客が少なかったりなど問題点もあったかと思うけど、バンドの皆さんの様子を見ても、お互い刺激しあった楽しいツアーだったのではないでしょうか。Beck は Matt とあんな風に馴れ合うなんて想定していたかしら?
Beck バンドとしては、Colors ツアーのベテラン勢に加え、Marc Walloch(ギター)、Cal Campbell(キーボードなど)が参加しました。控えめながら良い仕事をしていました。このメンバーで Paisley Park でセッションしたりもしました。

2019年のリリース

今年は何と言っても「Hyperspace」のビッグ・リリースがありました。各メディアの Album of the year にはあんまり食い込むことができませんでしたが、それはいつものこと。個人レベルでは好意的な評価が多く見受けられた気がします(適当)。
その他には「Paisley Park Sessions」、カバー7インチ、“Tarantula”、“Super Cool”、“Night Running”、Jenny Lewis のプロデュースなど、コンピやコラボもぼちぼちありました。

その他の出来事

ファッション的には、GUCCI をよく着てましたね。ミラノ・コレクションに顔を出したりさ。なぜ GUCCI なのか良くわかりませんが、2018年の年末にやった GUCCI 主催のイベントに出たのが最初だったと思います。CELINE を着始めたりと、引き続き Hedi Slimane もお召しです(やっぱスキニーがお似合いよ)。あと丸いサングラス、じゃらじゃらブレスレットをアクセントにしてました。
また、「Colors」でグラミー賞のいくつかの部門を受賞しました。プライベートではビッグな別離もあったりと Beck 的にはターニングポイントな年だったかもね。


 
来年は何をしてくれるのでしょうか。「Hyperspace」でこぼれた曲を EP で出すようなことを言ってましたが、結局いつものダスダス詐欺になるのかしら…。出してくれると生き返るんだけどなー私が。今年はアルバム外でも変化球的な曲が多かったので、来年は直球ド Beck な曲がもっと聴きたいなー ナー

すでにヨーロッパでのフェスの出演がぼちぼち決まっています。ツアーが組まれるのか分かりませんが、「Hyperspace」をどのように見せてくれるのか(そもそも見せてくれるのか)楽しみです。


 
HAMBECK は年明けに15周年を迎えます(来年こそ15周年です)。ベクベク言い続けて15年。大きな不運もなく、実にラッキーな15年でした。これからもこのラッキーが続きますように、Beck を追いかけ続けられますように、神のご加護がありますように、あなたの願いが全て叶いますように、粛々と、過ごしていきたいと思います。

今年もご愛顧ありがとうございました。

よいお年を! ゴーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

< TOP >