Category Archives: other

グラミー賞3部門にノミネート

先ほど第61回グラミー賞(61st Annual GRAMMY Awards 2018)のノミネートが発表されました。Beck「Colors」は3部門にノミネート!

Best Pop Solo Performance (Song)
Best Alternative Music Album
Best Engineered Album, Non-Classical

他のノミニーズはリンク先をご覧ください。フル・リストはこちら

音響技術を評価する <Best Engineered Album, Non-Classical> は「Morning Phase」で受賞してますね。「Colors」も負けず劣らず気合の入った音をしているので、この部門のノミネートは嬉しいです。2アルバム連続で受賞したら、またひとつ自信になるのではないでしょうか(いや、自信は持ってると思うけど)。とれたらいいな!

授賞式は2月10日です。

カリフォルニアの火事について

Beck が現在カリフォルニアで起こっている大規模な山火事について、Instagram に投稿しました。

「この想像を絶する破壊力に献身的に対応している消防士たちへ感謝の声を表したい。家を失ったすべての友人や隣人に心からの同情を捧げます。今夜みんなが無事で安心しました。」

直訳ですみません。(写真は Beck が撮ったものではなく、@saraelizabethsemprini さんの撮影らしいです)

火災は現在も広がっており、犠牲者も多数出ています。Beck が以前住んでいたマリブも燃えています。コミュニティもあったろうし、心を痛めていることでしょう…。

あのエリアはセレブの邸宅はもちろん、ミュージシャンの自宅やスタジオも多くあるはずです。色々な美しいものやかけがえのないものが失われていくのはとても悲しい。できるだけ早い沈静化を祈るしかありません。

Beck鑑賞ガイド(Summer Sonic 2018編)

あっちゅー間に今週末は Summer Sonic です! 3年連続、しかも1年とあけずにまた Beck が観れるなんて、しかも大阪・東京と2回も観れるなんて、本当にありがたいですね。アリガタヤー! 春から本格的な Colors ツアーを開始した Beck。ヨーロッパやカナダ、アメリカ北東部をまわり、再び日本に帰ってきてくれます。「Colors」の楽曲たちがどう仕上がっているのか、小ネタは増えたか、あの曲この曲、いろいろ楽しみです。

恒例行事として、ここで最近の Beck のライブの傾向と対策をまとめておきます。

バンドメンバーは?

事件や事故がない限り前回と変わらないはずです。

ベース: Dwayne Moore …フレンドリーなくせに凄腕
ドラムス: Chris Coleman …凄腕なくせにキュート
ギター: Jason Falkner …ちょっとあなた、Beck より目立ってませんか?
キーボード: Roger Joseph Manning Jr. …マエストロのインタビューはこちら
サポート:Alex Lilly(黒髪)、Cecilia Della PerutI(金髪)、Jake Sinclair(眼鏡) …若者のすべて!

ステージの内容は? セットリストは?

Beck は相変わらずお元気で、エネルギーほとばしってます。内容はグレイテスト・ヒッツ+ Colors 曲という構成だと思いますが、最近はソロのアコースティック・タイムを設けているので、1〜2曲をアコギで歌ってくれるかもしれません(熱望)。フェスだからわからないけど。

私の予想といたしましては、フェス仕様ではあるけれど、フジや単独ではやってない珍しい曲を何曲かぶっこんで「前とは違うぜ」度を高めてくる気がします。「Colors」からの曲は、単独公演で反応がよかったのはいい思い出だと思うので、他の公演よりは多めに盛ってくるのではとの予想。

Beck は大阪東京ともに1時間20分のセットなので、17〜19曲だと思います。
私の予想セットリストはずばりコレ!

  • Devils Haircut
  •  …まずはぶちかまぜ!
  • Mixed Bizness
  •  … take a little bit higher〜 からの☝️スクリーーーム!☝️
  • Up All Night
  •  …アゲ(東京では with DAOKO でライブ後半にやるかもねー)
  • Wow
  •  …アゲアゲ
  • Qué Onda Guero
  •  …こなれてるやつを挟み…
  • Nicotine & Gravy
  •  …懐かしの曲をキメる
      “Cellphone’s Daed” や Bowie の “Let’s Dance” のフレーズを加えた新アレンジ!
  • Seventh Heaven
  •  …キラキラが聴こえてきたー!(Dear Lifeでも可)
  • l’m So Free
  •  …あのクレイジーな縦ノリを再現したいはず! Hot Summer Nights!
  • Go It Alone
  •  …渋くひと休み。演奏聴かせるぜ!
  • Debra(ソロ・アコースティック)
  •  … ♪I think her name’s Debra ア ア〜〜(高い声)を歌ってやろうじゃないの。
    Raspberry Beret(ソロ・アコースティック)
  •  …これ、サビを客に歌わせるので覚えとくことー(下記参照)
  • Blue Moon(バンド・アコースティック)
  •  …バンドのみんな〜 前に集まって〜!
  • Loser
  •  …しっとりの後のアゲ。終わりが見えてきたー
  • Dreams
  •  …おーお お お おーおー
    Girl
  •  …ちょっとアレンジ変わってるよ。
  • Colors
  •  …サビが歌えないっちゅーの!
    E-Pro
  •  …♪I won’t give〜 のところの Beck の手の振りがかわいいから
    Where It’s At
  •  …定番のバンド紹介メドレー(曲が若干変わってるかも)からのカウントダウン、そして大団円。

その他の候補としては “The New Pollution” “Black Tambourine” “Lost Cause” はもちろん、最近やってる “Beercan” “Hollywood Freaks” “Earthquake Weather” あたりも入れるかもね。来日公演でやった “Fix Me” はあれ以来やってないので多分無理でしょう。「Colors」の “No Distraction” も “Square One” もないと思います。

“Raspberry Beret” のサビを載せておきます。みんな、手に書いておくように!

She wore a Raspberry beret
The kind you find in a second hand store
Raspberry beret
And if it was warm she wouldn’t wear much more
Raspberry beret
I think I love her

アホなので練習用の動画を作りました ↓

とか言ってるとやらないんだなー。でも2回チャンスはあるから!

その他のポイント

ステージの仕様が前回と少しちがいます。前回は後ろに映像が流れるだけでしたが、今回は後方が壇になっており、壇の前面にも映像が映し出されます。ステージ全体が映像に包まれる感じです。サマソニにも持ってくるかわかりませんがね。映像も一部ブラッシュアップされています。Colors のデザイナー Jimmy Turrell が新たに手がけた “Where It’s At” のビジュアルが個人的に楽しみです(とか言って見る余裕なんかないけど)。

Jimmy Turrellさん(@jimmyturrell)がシェアした投稿


 
あと、直近の2公演でリハの様子やライブの1〜2曲を Instagram でライブ配信してたので今回もあるかもね。前回の来日でもちょくちょく配信してたし、日本にくるとはしゃぎ気味になるし、可能性は高いです。

お洋服ですが、通常であればいつものサンローラン黒ジャケ+黒ハットでしょうが、この日本の夏のファッキン暑さに先生がどのくらい耐えられるのか見ものです。最近ブルーのスーツをちょくちょく着てるので、どちらかブルーかもしれませんね(でも黒がいいなー)。アンコールの白へのお召し替えは健在です。あとバンドの衣装もなにげに変わってます。

グッズの販売は?

サマソニで売ってるグッズらしいです。1枚目の左上と右下のTシャツは今でも beck.com で売っています。日の丸 Colors Tシャツは単独公演と同じなら後ろに「日本ツアー」って書いてあります。左下のは何? 後ろにサマソニの日程が入ってますね。この右下のやつのワッペンがもし売ってたら私に買い与えてくれても良いですよ。


色々書きましたが、もちろんあくまで私の予想なうえに無駄な情報なので、3つ数えたら忘れてください(3年連続)。

私はもちろん大阪・東京の両日参加です。サマソニ初めてなんで未知との遭遇ですが、今回は完全にステージ上の殿上人を拝みに行くだけなので、気楽に楽しみたいと思います。

フジロックも出たし、単独公演もやったし、サマソニが終わればもう当分日本にはこないかもね(わかんないけど)。俺もお前もいい年だし、これが見納めってことにもなりかねないので、心して御大のお姿を目に焼き付けたいと思います。

イッショニジゴクヘオチヨー!

Sheryl NieldsとBeckの写真

25年という長いキャリア、Beck には雑誌やプレス用に撮った素敵な写真がたくさんあります。最近だと Peter Hapak (←タップすると写真がポップアップします)がたくさん撮ってますが、 Lauren Dukoff の白 Beck の写真はかっこよかったなぁ。Pej Behdarvand の写真もしっとりとしててキレイだった。Autumn de Wilde が撮る Beck は他よりほんの少しリラックスしている。Guero 期だったら James Dimmock の写真が一番かな。はしごに登らせたの素晴らしアイデアだね(美脚)。Anthony Mandler の Flaunt(雑誌) はお宝だね。Flaunt と言えば Michael Muller のもあって、こっちも好き。Piper Ferguson が撮る Beck は少しファニー。最近も撮ってるけど私は Guero 期のやつが好き。忘れちゃいけない Hedi Slimane。こういう静かで儚い Beck は Hedi の写真でしか見れない。…などなど、あげれば切りがないです。

もう一人、Sheryl Nields(シェリル・ニールズ)という方がいます。最近は全然撮っていませんが、Mellow な Gold の時からちょくちょく Beck を撮っていて、お気に入りのフォトグラファーのひとりです。
 icon-arrow-right https://copiousmanagement.com/sheryl-nields

Sheryl さんの写真でとくに好きなのが Guero 期の写真(上の上のやつ)なんですが、この度、そのコンタクトシート(つまりベタ焼き)を数枚入手! ネットや雑誌に未掲載のカットもたくさんあったりして、ハム垂涎の逸品です。サイズは1枚24×30cm。印画紙なのでとてもキレイ。印画紙最高。

そして額装したりして。4年振りにリビングにある先生の肖像が交換されました。(額装はロマン)

ちなみに額はこれアクリル板に挟まってます。人形は左からムニエル(a.k.a. なめ郎)、ヤメピ、レッドモン。
 

私は Guero 期(2005年)の Beck が一番男前だと思っていますが、今がいつだって最高です。なのに最近は素敵写真が少なくてちょっと不満。47歳の Beck に相応しい、風情のあってまろやかな写真をどなたか撮ってくれないかしら。モノクロでなくカラーで。自然光で自然体なやつをさ。