Category Archives: other

by Mikai karl

2020年を振り返る

世界が新型コロナ野郎に翻弄された2020年。ライブやフェスが軒並み中止されるという、音楽関係者にとっても苦難の年になりました。もちろん Beck の Hyperspace ツアーも中止。LA はロックダウンになり、レコーディングもままならない事態になりました。

そんな中、「ミュージシャンが自宅から配信」ってやつが流行りましたね。
Beck も Tom Petty や Daniel Johnston などのカバーや、自分の古い曲などをアコースティックでプレイし配信しました。

ビッグリリースは、NASA とタッグを組んだビジュアル・アルバム「Hyperspace: A.I. Exploration」および「Hyperspace(2020)」すね。未公開曲はないに等しく、レコード発売も来年に延期になったので、個人的に盛り上がりの欠けるリリースでした。映像はよかったけど。

あとは St. Vincent と Khruangbin によるリミックス7インチと、Gorillaz とのコラボ曲 “The Valley of the Pagans” のリリースがありました。オリジナルの新曲は1曲もなかったね~

コロナがなければ Beck は今年、どういう予定だったのか…。「Hyperspace」に入らなかった曲を EP で出す計画はあたりまえのように有言不実行のままだし、インスタのストーリーでちら見せした Alan Parsons Project のカバーのレコーディング音源はいったいなんだったのか…。(言い出したらきりがない⭐︎)

何はともあれ、来年はもうちょっとましな世界になっていることを願います。


今年はなんだかあまり有意義なことが書けなかった気がするなぁ。ここ近年で一番 Beck が遠い一年だったようにも思う(ほとんどサングラスだったし)。
それでも繁く通ってくださった方々、どうもありがとうございました。

みなさんが良いお年を迎えられますように。

健康と安寧を。ゴーン

The Valley of The Pagansと本日の出来事

The Valley of The Pagansがリリース

Beck とのコラボ曲 “The Valley of The Pagans” が収録された Gorillaz の「Song Machine: Season One – Strange Timez」がリリースされました。

聴きましたか? いい感じすね。こういうオルタナな感じは久しぶりです。Beck のラップ(ラップか?)はいつだって心を和ませる。Damon Albarn との制作はどんな感じだったのかしら…。

歌詞はこちらです。Youtube で聴けるので貼っておきます。

ビデオもできているとのこと。楽しみ!

Tom Pettyのトリビュート・バーチャル・フェスに出演

Beck は本日、2017年に亡くなった Tom Petty の生誕70周年を祝ったバーチャル・フェスに出演しました。自宅(?)の階段で “Don’t Come Around Here No More” のカバーをプレイしました(上の写真)。お友達の Jeffertitti と一緒です。Daniel Johnston から階段ちょっと登ったね。でもなぜ縦で撮るのか…。

まだ TomPetty.com で見れるのでお早めに。Beck は 00:15:44 くらいから。

その他

どうぶつの森のトークショー(は?)「Animal Talking」にゲストとして名前がありましたが、キャラが歌ってるだけでした ズコー。Damon Albarn と Jamie Hewletのインタビューが聞けます。興味のある方はどうぞ。
 icon-arrow-right Animal Talking – Gorillaz, Shroud, Kate Stark (S02E09) – Youtube

あと、本日は Record Store Day だったので、St.Vincent と Khruangbin によるリミックスが入った7インチがリリースされてます。
 icon-arrow-right NO DISTRACTION / UNEVENTFUL DAYS (REMIXES) [7″ SINGLE] – diskunion.net
(オンライン販売は24日午後から)

 
です!!!

私が選んだBeckのベストソング30

Beck 生誕50年祭りとして、私が選んだ「Beck のベストソング30」のリストを発表します。ガーディアン紙の「Beck’s greatest songs – ranked!」のまねです。順位付けは適当です(コメントも)。きっと明日には違うことを言っているかもしれないし、些細なことで簡単に変動するでしょう。なにせ本当にたくさんの素晴らしい曲があるのですから…!

皆さんのリストも知りたい! 10曲で良いのでぜひコメント欄に投稿してください。曲名のリストだけでも構いませんから!
(日本語をひと言入れてください。英語だけだとスパム扱いになるので! メアドはなくても大丈夫です)

Ham 選、Beck のベストソング30

30 Heart Is A Drum

うっすら寂しくも温かな曲。逆回転と飛び道具的な音、アコギ、ロジャマニのピアノ、まろやかなBeckの声が揃えばいい曲にならないわけがない。

29 Side Of The Road

孤独すぎる名曲。アコギと声でここまで聴かせる Beck よ。「道端で過ぎてゆくに任せよう、そんな僕に友は何が言える?」って何も言えねー!(泣)

28 You Can Be So Careless

またの名を “Burn”。初期の名曲(って思ってるのは私だけ?)。ハーモニカが泣ける。出張で電車に乗ってる時にシャッフルで流れてきて社畜だった私の心を震わせた曲。

続きを読む

♯TheShowMustBePaused

まず、英語力に乏しい私がインターネットを眺めて得た何となくの知識でこの記事を書くことをお許しください。

Beck は本日、アメリカの日付が火曜日に変わる1時間前に「#TheShowMustBePaused」と手書きされた画像を SNS に投稿しました。


 
これは現在アメリカを轟かせている George Floyd(ジョージ・フロイド)さんの事件を受けて全米で始まった抗議運動および支援活動の一環です。

米音楽業界の大物 Jamila Thomas と Brianna Agyemang が発起人となって呼びかけ、2日火曜日に「Black Out Tuesday」と称したストライキを決行しました。ソニーミュージックやユニバーサル、キャピトル・レコードなどの大手レーベル、Apple Music、Billboardなどの音楽関連企業、そして多くのミュージシャンやアーティストが「#TheShowMustBePaused」「#blackouttuesday」のタグのもと、SNS を黒塗りにするなどして Blackout(中断/中止)し、ブラック・コミュニティとの連帯と支持、そして考えることを呼びかけています。

 icon-arrow-right https://www.theshowmustbepaused.com/

私の Instagram はほぼ真っ黒です。今までも誰かの追悼などでタイムラインが染まったことはありましたが、これほどまでに1色に染まったのは初めてです。アーティストもレーベルもメディアも一般も、みんな同じ思いだぜ。

「#TheShowMustBePaused」は「ショーは中断しなければならない」と言う意味(だけど字面よりもっと深い意味があると思う)。Beck は普段自分のプロモーションに使っているリンクまとめページを、全て事件と抗議運動に関する支援とキャンペーンなどの Web サイトに差し替えました。

 icon-arrow-right https://linktr.ee/beck

我々が悩まずに参加できるのは一番上の「Justice for George Floyd」ですかね( change.org のキャンペーンです。きっと今回の新コロ騒動で怒りの署名をした方も多いでしょう)。これは George Floyd さんを死にいたらしめた警官の告訴を求めるキャンペーンです。すでに警官は逮捕されてるので目的は達成されているのかもしれませんが、きっと象徴として数が重要だと思うので、思うところがある方はどうぞ。

ーーー

参考記事
 icon-arrow-right ジョージ・フロイド(George Floyd)の死とBlack Lives Matter、そして音楽業界で広がる〈The Show Must Be Paused〉および〈Blackout Tuesday〉について
 icon-arrow-right SNSが黒く染まる。広がる「Black Out Tuesday」とは? 黒人差別に抗議、米音楽業界で大規模なストライキ実施へ

 
…コロナがまだ収束してないのにこの事態。気がかりな状況が続いていますが、決して対岸の火事ではないですね。

おうちでパフォーマンス映像 by Hedi Slimane

CELINE の Instagram で展開している映像シリーズ「CURATED BY HEDI SLIMANE / PORTRAIT OF A PERFORMER」。これはアーティストやミュージシャンが自宅などで行ったパフォーマンスの様子を、 Hedi Slimane がかっちょいい映像にして配信するという企画で、これまで Joan Jett や Josh Homme などの映像が公開されています。それに Beck が登場しました(期待してた!)。

Beck は “Sleeping Bag” を弾き語っています。この前ストーリーにのせた “I Am The Cosmos” と同じ日の収録だと思いきや、5月8日の映像って書いてますね( Cosmos は4月24日)。ふむむ。最後の歌詞を ‘tomorrow is just another crazy scam’ から ‘tomorrow is just another day away’ に変えてます。素敵です。


 

Beck と Hedi Slimane について

Beck と Hedi Slimane がいつから仲良しなのかは知りませんが、ファッションデザイナーであると同時に優れたフォトグラファーでもある Slimane が2004年に発行した写真集「Stage」に登場したのが私の知っている最古の記録です。

Slimane は当時 Dior Homme のデザイナーを務めており、Beck もちょくちょく Dior を着用しておりました。どっちが先かわかりませんが、Dior Homme の SS2005 のショーの音楽を Beck が担当しています。

とても美しい曲です。聴く曲が思いつかなかった時に再生するととても満足度が高い。この曲(いわゆる “Dior Theme”)は、のちに “New Round” や “Cellphone’s Dead” などの曲に再構築されています。

その後はちょくちょく写真を撮られたり、ロールスロイス好きな Slimane のために Beck がエンジン音を録音したりするなど、切れ間なくコラボレーションを続けていました。エンジン音は今もこちらで聞けます。
Slimane が撮る Beck はいつも静かで儚い

そして SAINT LAURENT に就任した Slimane は SS2013 のコレクションで Beck をキャンペーンボーイ(ボーイ?)に起用、大々的に公然と仲良しっぷりを示しましただ。

表参道ヒルズの SAINT LAURENT の店舗にまさかの Beck ドーン

この年から Beck(とバンド)のステージ衣装は SAINT LAURENT 一色になり、スキニーパンツは Beck のトレードマークになりました。

初めて SAINT LAURENT を公に着用したのは Sound And Vision の時です多分。

 
どっかで Slimane も言っていた気がしますが、Beck はハイブランドをとてもカジュアルに着る。着てるそのジャケットが100万円するようには全然見えない。全身ハイブランドなのに(良くも悪くも)キメてる感じがほとんどしない。でも服とはきちんと打ち解け合ってる感じがするんだなー。高価な服でも敵わないゴールデンな何かが Beck にはあるのだろう(超独り言)。

 
2018年に CELINE に就任したHedi Slimane。これにて3ブランドに渡り Beck のスタイリングをサポートしていることになります。かっちょいいお洋服を着せてくれるだけじゃなく、キレイな映像や写真も撮ってくれる貴重な存在です。いつまで CELINE にいるのは分かりませんが、Hedi Slimane スタイルのスリムでかっけーイカした爺さんになった Beck を見てみたいので、末長くデザイナーを続けていただきたいものです。

2004年の Beck(ナイスヘアー)と Hedi Slimane(目が合ったら最後)。