Category Archives: other

Odelay曲のビデオがHDリマスターされました

「Odelay」25周年に合わせてか、“Where It’s At”、“The New Pollution”、“Devils Haircut” の3本のミュージックビデオが HD(1080p)にリマスターされました。

ちょっと無理やり感がある箇所もありますが、昔の 480p のビデオに比べれば全然きれいです。よかったです。

この調子で「Sea Change」関連のビデオもリマスターしていただきたいです。(Doing Fineとリルワンが見たい。Lost Causeはあの画質でもよし)

最近の出来事

Record Store Day

Record Store Day が6月17日と7月17日に2回に分けて開催されるらしいですね。
Beckも出します。「Hyperspace 2020」のジャケ違いを。
 icon-arrow-right RSD DROPS 2021 | Beck – Hyperspace (2020)

ふざけてますね。Very soon とか言ってた「Midnite Vultures」の LP を期待してたのだが。

Beck 関連ではもう1枚あります。エターナル・シャンシャイン、すなわち「Eternal Sunshine Of The Spotless Mind」のサウンドトラックです。言わずもがな、Beck が歌う “Everybody’s Gotta Learn Sometimes” が収録されています。これは LP になっていなかったので、好きな人は垂涎ですね。
 icon-arrow-right RSD DROPS 2021 | Various Artists – Eternal Sunshine Of The Spotless Mind (Original Motion Picture Soundtrack)

その他、販売リストはこちらをチェックです。

Hedi Slimaneのエキシビジョンの音楽を担当

シャンハイの Almine Rech Gallery で開催中の Hedi Slimane のエキシビジョン「Sun of Sound」の音楽を Beck が担当したそうです。そう Beck が Instagram で言ってました。
どこかで聴けないもんかと色々探したんですが、断片すら見つからないっす。見つかったのはエキシビジョンのレポート記事の中にあった「展示空間に入る前に、静謐なギター音とともにまず目に飛び込んでくるのは、〜」という一文だけでした。
静寂なギター音ですって。そうですか & そうですか。
一瞬でも良いのでどなたか見つけたら教えてください〜

The Poetry Bank

ちょっとよく分かってないのでサラッと書いておきますが、The Poetry Bank という詩をシェアする Web サイトに、Beck が3つの詩を紹介しています。( Beck が書いた詩ではないです)
 icon-arrow-right https://www.thepoetrybank.org/beck

 
以上でっす。

The Late Late Showに出演

Beck は本日、Joy Downer のサポートメンバーとして「The Late Late Show with James Corden」に出演しました(なぜか)。曲は “Over & Out”。ビデオがあります。後半に出てきます。

めっずらしくベースを弾いています(弾いてるかな?)。Paul McCartney が愛用したヘフナーのバイオリンベースってやつですかね。
Beck がベースを弾いてるのは Black Tambourine のビデオ以外見たことないかも?
 


 
Beck 参加の Paul McCartney のカバー/リミックス・アルバム「McCartney III Imagined」のトレーラーが公開されました。数曲の断片が聴けますが、Beck がカバーした曲もちょろっと聴けます。

ポールの声も聴こえるね。リズミカルな感じです。楽しみー

@rhye - Instagram

TwitterでQ&A

なんと今年初めての投稿です。サボっていたわけではなく、Beck に動きがなかったんですよ。(ま、小さなネタはスルーしてましたが)

グラミーの企画で、Twitter で Q&A イベントが催されました。#GRAMMYsAskBeck を付けて投稿すると Beck が答えてくれるってやつです。Twitter での Q&A は2回目。前回は「Colors」のリリースの時にやりました。前回の方が質問も回答もひねりがあったかなという印象。でも今回もたくさんの質問に答えてくれました。

Google 翻訳を節操なく貼っつけておきます。ふふ。
タップすると原文のリンクに飛びます。

私が飛びついた QA は下の2点!

いくつかのコラボレーションが coming out soon だそうです。最近ミュージックビデオを撮ってたみたいですが(Instagram より)、コラボの新曲なのかな?
あと関係ないかもしれないけど、The Strokes が Beck がカメオ出演したビデオのメイキングビデオをアップして「Something cool coming tomorrow」とツイートしてたので、もしかしたら The Strokes とのコラボという可能性もあるかもしんまい(これは明日分かるけど)→(更新:ジャージの発売だけだったw)。ま、結局何にも出ないという可能性も大いにある!
 
これは朗報ですね。2016年に Beck の LP の再販が発表され、「Odelay」「Mutations」「Sea Change」「Guero」はリリースされましたが、それ以外はずっと待たされたままでした。特に「Midnite Vultures」は入手困難なので、待ってた人も多いのでは。再販再始動ってことなら「The Infomation」と「Modern Guilt」も出るのかな?? うっそ嬉しいじゃん!(全部持ってるけど)
ま、嘘かもしれないけど!
 

他の質問も全部載貼っつけておきますので、よろしければどうぞ。
 
続きを読む

by Mikai karl

2020年を振り返る

世界が新型コロナ野郎に翻弄された2020年。ライブやフェスが軒並み中止されるという、音楽関係者にとっても苦難の年になりました。もちろん Beck の Hyperspace ツアーも中止。LA はロックダウンになり、レコーディングもままならない事態になりました。

そんな中、「ミュージシャンが自宅から配信」ってやつが流行りましたね。
Beck も Tom Petty や Daniel Johnston などのカバーや、自分の古い曲などをアコースティックでプレイし配信しました。

ビッグリリースは、NASA とタッグを組んだビジュアル・アルバム「Hyperspace: A.I. Exploration」および「Hyperspace(2020)」すね。未公開曲はないに等しく、レコード発売も来年に延期になったので、個人的に盛り上がりの欠けるリリースでした。映像はよかったけど。

あとは St. Vincent と Khruangbin によるリミックス7インチと、Gorillaz とのコラボ曲 “The Valley of the Pagans” のリリースがありました。オリジナルの新曲は1曲もなかったね~

コロナがなければ Beck は今年、どういう予定だったのか…。「Hyperspace」に入らなかった曲を EP で出す計画はあたりまえのように有言不実行のままだし、インスタのストーリーでちら見せした Alan Parsons Project のカバーのレコーディング音源はいったいなんだったのか…。(言い出したらきりがない⭐︎)

何はともあれ、来年はもうちょっとましな世界になっていることを願います。


今年はなんだかあまり有意義なことが書けなかった気がするなぁ。ここ近年で一番 Beck が遠い一年だったようにも思う(ほとんどサングラスだったし)。
それでも繁く通ってくださった方々、どうもありがとうございました。

みなさんが良いお年を迎えられますように。

健康と安寧を。ゴーン