Category Archives: news

@calquinn - Instagram

新曲、Everlasting Nothingが公開

とうとう来週発売の「Hyperspace」。みなさん初聴きをいつどこで何で聴くか決めましたか?(え?そもそもそんなこと決めない?)私はまだ決めあぐねています。通常国内盤CDは発売日の前日に入荷しますが、今回はどうなんでしょうね。「Hyperspace」同様、世界同時の金曜発売だった FKA twigs の国内盤は前日入荷しなかったみたいだし、フラゲは期待しない方がよいかしら? そうなると最速でゲットできるのはデジタル販売だけど、どうせ買うならハイレゾ欲しいし、でも国内のハイレゾは高いのでアメリカの発売を待つのか… そうなるとストリーミング配信も始まってるってことだし、ていうか Amazon 特典のデカジャケなにげにほしi(以下略)


本日、「Hyperspace」の最後の曲、“Everlasting Nothing” が公開されました。5曲も公開しちゃうなんて…!

この曲は2013年の「Station To Station」というアート・イベントでゴスペル隊を率いて披露された曲です(Youtube)。アレンジは変わってると思いますが。今年の2月にレコーディング風景をインスタにあげてましたね。エレクトロニカとゴスペルの華麗なる融合… なんですか?(聴いてない&聴かない)


SiriusXM がインタビューしたらしいです。全部聴くには色々しなきゃいけないみたい。


 
ちょっと色々追えてないので逃しているインタビューとかがあるかもしれません。メンゴ!

Paisley Park Sessionsがリリースされました

「Paisley Park Sessions」なる3曲のセッション音源がAmazonからリリースされました。Amazon Music(要アカウント)で配信されています。また、Amazonのアカウントがあれば、3曲500円で購入もできます。
 
 
 icon-arrow-right Amazon Music
 icon-arrow-right Amazon販売 (「今すぐ再生」の下のオプションより購入できます)

これは何かというと、ミネアポリスにある Prince のスタジオ Paisley Park で9月中旬に録音・録画されたもので、“Where It’s At”、“Up All Night”、Prince のカバー・メドレーである “The Paisley Experience” の3曲が収録されています。Prince のカバーはライブでおなじみの “Raspberry Beret”、そのあと “When Doves Cry”、“Kiss”、“1999” と続きます。

今年初めにスタジオからのレコーディングの招待を受けたらしいです。Prince の死後、スタジオAでレコーディングを行った最初のメジャー・アーティストとか(広報より)。

映像は11月18日に Youtube で公開されるみたいですが、現在 Behind the Scenes を見ることができます(朝は見れなかった)(ライトセーバー持ってそうなスクショ)。

ライブとはまた違ったアレンジすね。熱量の高いセッションです。バンドも自由度高いです。3曲なのにブラウスを着替える Beck。リボンタイが麗しいです。

(追記 11/13)
udiscovermusic.jp が Beck のコメントの和訳を載せた記事をアップしました。
 icon-arrow-right ベックがプリンスのスタジオで録音した EP をAmazon Music 限定配信。プリンス・メドレーも収録
ちなみに、「Hyperspace」は日本ではユニバーサルミュージックからリリースされることになったので、国内のおける情報はユニバーサル本体(@UNIVERSAL_INTER)とそのキュレーションサイトであるuDiscoverMusic(@uDiscoverJP)がシェアしていくことになると思います(メディアの独自取材を除き)。 “Dark Places” のリリースに触れなかったりと謎なムラがありますが。


そして先生より一言。

…はい。

@beck - Instagram

新曲、Dark Placesが公開

11月22日リリース「Hyperspace」より、新曲 “Dark Places” が公開されました。アルバムの9曲目です。すでに配信/販売されています。

リリックビデオもありますが、オレたちの国では公開されていませんとよ。

ちょっと心に余裕がないのでまだ聴けていませんがね。
 


おすすめの1枚が毎月届くレコード定期便サービス「Vinyl Me, Please」が、会員限定で「Hyperspace」のパープル盤を販売するとのこと。色盤出しまくりですね。
レコードは29ドルですが、会員費はインターナショナル価格で3ヶ月108ドル送料込み。泣けますね。もし会員さんがいらっしゃいましたら私の分も… ぜひ…
ラベルのデザインが他と違うのがポイント! 1000枚限定です。

(更新 11/9)会員限定が解除になっています。12月のお届けになるらしいですが、一般でも買えるようになりました。

 icon-arrow-right BECK – Hyperspace | vinylmeplease.com

Uneventful Daysのミュージックビデオが公開

まずはどうぞ。“Hyperlife” からの “Uneventful Days” です。

ディレクターは Blood Orange の Dev Hynes(!)。Beck 曰く、「彼が自分自身や他の人の為に作ってたクリップのオリジナリティーやパーソナルなスタイルに感心していた」とのこと(SNSより)。 Evan Rachel WoodTessa ThompsonAlia Shawkat といったスターが出演しています。

“Davils Haircut” な Tessa Thompson。(でもこの昔のビデオをオマージュするネタ、“Heart Is A Drum” でやったぞ!)

 
“Sexx Laws” な Evan Rachel Wood。

 
このTシャツ、ちょっとレア。古い VOLVO。「Hyperspace」はビンテージカーがキーなのかしらん。

 
他にも “Deadweight” を匂わす机など出てきます。結構好きです。ひと味加わって曲の滋味が増した感じ。

 
Beck は10月頭にロンドンで黄色いビンテージカーを使ったビデオを撮っている様子を Instagram に載せましたが、この時と服装が同じなので、“Uneventful Days” の撮影だったのかな〜? 大雨だったのでこのシーンはカットされたのか…? だったら残念!(←突っ立って歌うより良かったのではの意)

Hyperspaceが公式アナウンス! 新曲のリリースも

US 時間で17日の0時(日本では13時っすね)、ニューアルバム「Hyperspace」がどしゃっと動きだしました。

2曲の新曲がリリース!

Youtube、Apple Music、Spotify など、もうどっからでも聴けます。

歌詞はこちら → HyperlifeUneventful Days

ジャケットのアートワークに付いてはこちらを参照(って言ってもたいしたこと書いてないけど)。
 

内容は…

全部で11曲です。11曲中7曲を Pharrell Williams と共同プロデュースしています。ゲストボーカルに、Chris Martin、Sky Ferreira、Terrell Hines(新人とのこと)を迎え、“Die Waiting” を Cole M.G.N.と、“See Through” を Greg Kurstin と、“Star” をアデルのコラボレーターである Paul Epworth と共同プロデュースしています。また、お馴染み Jason Falkner、Roger Manning Jr.、Smokey Hormel も参加しています。

トラックリスト

 01: Hyperlife
 02: Uneventful Days
 03: Saw Lightning
 04: Die Waiting(feat. Sky Ferreira)(Co-Producer Cole M.G.N.)
 05: Chemical
 06: See Through(Co-Producer Greg Kurstin)
 07: Hyperspace(feat. Terrell Hines)
 08: Stratosphere(feat. Chris Martin)
 09: Dark Places
 10: Star(Co-Producer Paul Epworth)
 11: Everlasting Nothing

とりあえず nme.com がインタビューを掲載しました。明日になればもっと上がるでしょう。日本語の記事が出てきたらお知らせします。
 

プレオーダー開始! 発売は11月22日

Beck Store が更新されプレオーダーが開始されました。今回も盛りだくさんです。ラインナップは下記です。

 ・デジタル・ダウンロード(WAV/MP3)

 ・CD

 ・LP(黒盤)

 ・LP(クリア盤)※ダウンロードコードが付いているかは不明。

 ・カセット(12月中旬に発送)

 ・黒Tシャツとお好きなメディアのセット

 ・トレーナーとお好きなメディアのセット

 ・黒Tシャツとエアーフレッシュナー(カード型の芳香剤)(は?) and お好きなメディアのセット

 ・トレーナーとエアーフレッシュナー and お好きなメディアのセット

 ・黒Tシャツ、トレーナー、エアーフレッシュナー、ターンテーブルのスリップマット、キーホルダー、サンシェード(はぁ?)and お好きなメディアのセット

車関連アイテムっすね。オーダーすると “Hyperlife”、“Uneventful Days”、“Saw Lightning” の3曲がすぐにもらえるそうです。カセットを注文すると同時に購入した物も12月中旬の発送になってしまうので注意です。しれっと変更してたりするので買う前によくチェックしてください。

LPサイズだとさすがにでかいと思ったか、タイトルがちっさくなってますね(取っちまえよ!)。よく見るとラベル面がスピードメーターになってます(ダセぇぇぇ…!)

国内盤に付いて

国内盤のプレオーダーはまだきていませんが(追記:嘘です。とりあえず HMV に CD があります)、今回は Hostess ではなく、Universal Music Japan が発売するそうです(ホステスサーーーン😭)。発売日は同じ11月22日。国内盤CDには、ボーナストラックってやつが付きます(懐かしいなボートラ)。と言っても “Saw Lightning” のフリースタイル・バージョンですが。また、特典としてアートワークとタイトル・ロゴがプリントされたスペシャルなステッカーが付くそうです。はは。

Universal Music のプレス・リリースはこちら。日本のメディアはここの文章を引用して記事にします。日本語のトラック名もあるので参考に。
 icon-arrow-right ベックの新作『ハイパースペース』11月22日世界同時リリース決定!あの大物アーティストが参加!新曲「アンイヴェントフル・デイズ」も配信スタート!
 

(追記)限定盤に付いて

とりあえず Rough Trade で、限定盤のLPを販売するみたいです。赤盤とメタリックシルバー盤があります。UKUS がありますが、赤盤は UK のみです。ダウンロード・コードがあるよって書いてありますね。Indie Exclusive と言っているので、きっとディスクユニオンとかでも売るんじゃないでしょうかね。
 

アー写が色々変更

TwitterFacebookInstagram の写真が変更になってます。

この写真はあれだ、ツアーの最初、Gorge の野外劇場の近くで撮った写真だ!
 


あ? 以上?
…とりあえず以上です!

先行の2曲ですが、私の予想(理想)のちょっと横を通り過ぎていった感じです。まだちょっと消化できてないので、ひと段落したらオフラインにし、温かいコーヒーでもいれ、ネコのしっぽをいじりながら、じっくりと向き合おうと思います。はい。