Category Archives: news

最近のあれこれ

ラジオでBeckがゲストDJとしてDavid Bowieを選曲

米衛星ラジオ SiriusXM が企画している「The David Bowie Channel」に Beck がゲスト DJ として出演、コメントをはさみなら12曲を選曲しました。SiriusXM は普通はアメリカの会員しか聴けないのですが、5月30日まで無料らしく、日本からでも聴けるようになっています。ただし! iPhone からは聴けません。PC のブラウザーから聴けます。Android は知りません。環境によっては聴けないかもしれません。せーんせん。

こちらから→ https://player.siriusxm.com/home/foryou

「START FREE PREVIEW」を押して、真ん中あたりにこのマークがあるバナーを押すと、チャンネルの一覧のページに行くのでまたマークを探してください。30日まで毎日リピート放送しています。スケジュールは下記です。表記の時間は東部標準時(a.k.a. ニューヨーク時間)です。

プレイリストは下記です。

    The Man Who Sold The World
    Diamond Dogs
    Win
    Sound and Vision
    Without You
    Kooks
    Ashes To Ashes
    Stay
    V-2 Schneider
    Seven(Beck mix #1)
    Lady Grinning Soul
    Blue Jean

約1時間です。ヘッドホンで聴くことをおすすめします。インターネッツしながら油断して聴いていると、突然入る Beck のナイス低い声に「ぬオオォ…」ってなります毎曲。

夏のツアーは全てキャンセル

安全が確認され次第、スケジュールを組み直すとのこと。なんてコッター

この投稿をInstagramで見る

Due to continued restrictions on public gatherings, and in the interest of public safety, the below Beck shows will not be happening as scheduled. . We’re working to reschedule as many of these shows as soon as it is safe to do so and will keep you updated along the way. . Please refer to point of purchase for ticketing/refund information. . Beck is very sorry about this situation and is looking forward to getting back on stage as soon as possible. . 2 June 2020 – Reykjavik, IS – Laugardalshöll 14 June 2020 – Luxembourg City, LX – den Atelier 16 June 2020 – Paris, FR – Olympia 17 June 2020 – Stuttgart, DE – Beethovensaal 20 June 2020 – Vienna, CZ – Arena Wien 23 June 2020 – Munich, DE – Zenith 24 June 2020 – Zurich, CH – Halle 622 26 June 2020 – Rome, IT – Auditorium Cavea 27 June 2020 – Lucca, IT – Piazza Napoleone 28 June 2020 – Brescia, IT – Gardone Riviera Anfiteatro 7 July 2020 – Edinburgh, UK – Usher Hall 9 July 2020 – Manchester, UK – Victoria Warehouse 11+ 12 July 2020 – London, UK – O2 Academy

Beck(@beck)がシェアした投稿 –

Brazzavilleのインスタライブに出演

Beck は元バンドメイトでサックス奏者の David Brown(Brazzaville)のインスタライブに登場しました。映像が残ってます。残り8分あたりから出てきます。今度は庭にいます。この中で古いフォークソングの “Goodtime Charlie” をちょろっとプレイしています。先生もっと聴きたいです。

おうちでパフォーマンス映像 by Hedi Slimane

CELINE の Instagram で展開している映像シリーズ「CURATED BY HEDI SLIMANE / PORTRAIT OF A PERFORMER」。これはアーティストやミュージシャンが自宅などで行ったパフォーマンスの様子を、 Hedi Slimane がかっちょいい映像にして配信するという企画で、これまで Joan Jett や Josh Homme などの映像が公開されています。それに Beck が登場しました(期待してた!)。

Beck は “Sleeping Bag” を弾き語っています。この前ストーリーにのせた “I Am The Cosmos” と同じ日の収録だと思いきや、5月8日の映像って書いてますね( Cosmos は4月24日)。ふむむ。最後の歌詞を ‘tomorrow is just another crazy scam’ から ‘tomorrow is just another day away’ に変えてます。素敵です。


 

Beck と Hedi Slimane について

Beck と Hedi Slimane がいつから仲良しなのかは知りませんが、ファッションデザイナーであると同時に優れたフォトグラファーでもある Slimane が2004年に発行した写真集「Stage」に登場したのが私の知っている最古の記録です。

Slimane は当時 Dior Homme のデザイナーを務めており、Beck もちょくちょく Dior を着用しておりました。どっちが先かわかりませんが、Dior Homme の SS2005 のショーの音楽を Beck が担当しています。

とても美しい曲です。聴く曲が思いつかなかった時に再生するととても満足度が高い。この曲(いわゆる “Dior Theme”)は、のちに “New Round” や “Cellphone’s Dead” などの曲に再構築されています。

その後はちょくちょく写真を撮られたり、ロールスロイス好きな Slimane のために Beck がエンジン音を録音したりするなど、切れ間なくコラボレーションを続けていました。エンジン音は今もこちらで聞けます。
Slimane が撮る Beck はいつも静かで儚い

そして SAINT LAURENT に就任した Slimane は SS2013 のコレクションで Beck をキャンペーンボーイ(ボーイ?)に起用、大々的に公然と仲良しっぷりを示しましただ。

表参道ヒルズの SAINT LAURENT の店舗にまさかの Beck ドーン

この年から Beck(とバンド)のステージ衣装は SAINT LAURENT 一色になり、スキニーパンツは Beck のトレードマークになりました。

初めて SAINT LAURENT を公に着用したのは Sound And Vision の時です多分。

 
どっかで Slimane も言っていた気がしますが、Beck はハイブランドをとてもカジュアルに着る。着てるそのジャケットが100万円するようには全然見えない。全身ハイブランドなのに(良くも悪くも)キメてる感じがほとんどしない。でも服とはきちんと打ち解け合ってる感じがするんだなー。高価な服でも敵わないゴールデンな何かが Beck にはあるのだろう(超独り言)。

 
2018年に CELINE に就任したHedi Slimane。これにて3ブランドに渡り Beck のスタイリングをサポートしていることになります。かっちょいいお洋服を着せてくれるだけじゃなく、キレイな映像や写真も撮ってくれる貴重な存在です。いつまで CELINE にいるのは分かりませんが、Hedi Slimane スタイルのスリムでかっけーイカした爺さんになった Beck を見てみたいので、末長くデザイナーを続けていただきたいものです。

2004年の Beck(ナイスヘアー)と Hedi Slimane(目が合ったら最後)。

Instagramライブに登場、及び公開されたライブ映像について

Radio.comのInstagramライブに登場

Radio.com(日本だと Radiko みたいなインターネットラジオ配信プラットフォームかな?)が企画した、SNS のライブ配信を利用してミュージシャンとお話したりする「FANDEMIC」というシリーズに Beck が出るそうです。これは、LA 時間で1日のお昼、日本時間で2日午前4時(うっ…)に、Radio.com の Instagram でライブ配信されます。トークのみで、何か歌ってくれたりはしないと思います。ホストは Megan Holiday さん。多分アーカイブが残ったりはしないので、リアルタイムで見るっきゃない! Radio.com では Beck への質問を受け付けています(インスタにコメントしてって)。本当に質問コーナーがあるのか、実績からいって怪しいところですが、Beck 本人から近状を聞けるありがたい配信です。それも自宅からね。楽しみ!

過去のライブ映像が続々配信

Stay Home な世界になってから、過去のライブ映像が続々配信されています。ここでこの度公式に公開された/公開される Beck のライブ映像をまとめておきます。そんなにないけど。

<公開予定>
延期になった Shaky Knees Music Festival は、開催予定日だった5月1〜3日に、過去の出演者のライブ映像を公開します。Beckの配信は3日(日本で4日)、時間はまだ未定です。2019年に出演した時の映像だと思います(セットリストは当時の記事へ)。世に出回ったことがない映像です。1回こっきりの配信なのでリアルタイムで見るっきゃない。

 
<公開中>
We Love Greem 2018(当時の記事はこちら
フェスには珍しいまだ日のある時間帯のライブです。Jason の誕生日らしく、ハッピーバースデーを歌ってます。

Ancienne Belgique -2018/6/5 ベルギー公演(当時の記事はこちら
単独では珍しくライブ配信があったライブです。30分の映像が Youtube にありましたが公開されたのは1時間半のフルセットです。遠方からのショットが多め。“Raspberry Beret” がとても良いです。

2015 Rock & Roll Hall of Fame Induction Ceremony – “Satellite of Love”
この度 HD で公式に公開です。Nate Ruess(とロジャマニと Jason)とのパフォーマンス。飾り気のない素敵なカバーです。

 


Youtube に元々あるプロショットのライブ映像から比較的きれいな高解像度のものも貼っておきますので、眠れぬ夜にどうぞ。

KCRW スタジオ・ライブ – 2017
「Colors」がリリースされた時のライブです。

iTunes Festival London – 2014
ちょい前の旧Beckバンド。

Live at Union Chapel – 2003
言わずもがな、絶対テストに出るタイプの必見ライブです。ちょっと荒いけど、未見の方はぜひ。HD で出ないかなー

Live In The Lounge – 2019
ゆるゆるのアコースティックライブです。

iHeartRadio ALTer EGO 2018
短めのセットです。

とりあえず以上です。

RSDでリミックス7インチをリリース

今年は4月18日に行われる RECORD STORE DAY ですが、Beck もアルバム曲のリミックスが収録された7インチをリリースしますよ。

ダブルA面で、片面はすでにデジタル・リリースされている St. Vincent による “Uneventful Days” のリミックス。もう片面は Khruangbin(クルアンビン)による “No Distraction” のリミックスです。こちらは未発表で、RSD の前日にデジタル・リリースされるそうです。

国内の販売状況が見えてきたらまた書いたり書かなかったり書いたふりをしたりします。

Khruangbin は(説明不要かもしれないけどが)アメリカの3人組で、なんて言うんですか?「オリエンタル・ファンク」って言うんですか? 独特のメロウなグルーブがイカしてるインストのバンドです。去年彼らの来日公演を見ましたが最高にクールでした。“No Distraction” がどう Khruangbin 風になっているのか楽しみです。

はい。

1/25 Pre-Grammy Partyでパフォーマンス

毎年顔を出してる Clive Davis の Pre-Grammy Party。今年も出席し、バンドでのパフォーマンスを行いました(2016年は Dave Grohl らとプレイしました)。曲目は分かりませんが、“Loser”、“Where It’s At”、“One Foot In The Grave” はやってます。

スピーチもしたのかしら?

Miguel とステキな感じの Beck さん

写真は Getty Images より。

ーーー

明日はグラミー賞授賞式です。Beck は出席するみたいですね。Aerosmith(目印)の後ろらへんに座ってるはずです。プレゼンターでもすればいいのになー
grammy.com での中継は月曜朝の8時くらいからかな? WOWOW は9時から。再放送は22時からです。