Category Archives: news

11/20 Dreamforce 2019 に出演

本日は Salesforce のカンファレンス、Dreamforce 2019 内の音楽イベントに出演しました。サンフランシスコにある Oracle Park で行われました。Fleetwood Macがメインで、そのオープニングを務めました。セットリストは不明。


 

あと、なんだこれ


https://focus.levif.be/culture/

@Beats1

プロモーションがんばるBeckさん

今日 Beck は Instagram のライブ配信でアルバムの曲を流しましたね(…とか言ってすぐにミュートしたので本当にアルバムの曲だったか自信ないですが)。夜の街をドライブしながらカーステで鳴らしていました。きっとそういうアルバムだよね!

ニューアルバムリリース直前! Beck はラジオ局など色々なところに出まくってます。ぜんぜん聴けてません。目立ったやつだけ貼っつけておきます。

Telerama(フランス)

 

Beats 1

あなたが聴くべき曲ベスト5ですって。30分以上トークしてます。

 icon-arrow-right https://music.apple.com/jp/station/beck/ra.1488587538
(Apple Music アカウントが必要?)
 

The World Famous KROQ

 icon-arrow-right https://kroq.radio.com/blogs/kevin-bean-show/beck-talks-new-album-hyperspace-paisley-park-sessions



 


あとはインスタだけ。


 
とうとう明日の深夜に聴けるはずです Hyperspace! ヤッホウ!

Photo by Eduardo Festa

最近のインタビューなど

インタビューが何個か出てきました。無論日本語ではありません。

icon-arrow-right The Sun – BECK AT IT Singer Beck on new his new album, dealing with trauma and working with Pharrell Williams-

icon-arrow-right THE IRISH TIMES – Beck: ‘U2 had the best audiences of anyone I’ve opened for’

ざっくり読んだ限りですが、新しい情報(かもしれないこと)を乱暴に要約しておきます。解釈が難解な部分は華麗にすっ飛ばしているので、肝心なことが書かれていないかもしれないし、間違えてるかもしれません。うふふ。いつか日本語のインタビューで補完してくれることを祈ります。

<The Sun>
・Pharrell と仕事をして、来年シングルをリリースするかもと思ってたけど、物事は加速度的に進み、2ヶ月で全てを終えた。
・「Hyperspace」はミニマルなアルバム。この時代のテクノロジーがもたらす美しさと機会だけでなく、不安と恐怖も表現している。
・Pharrell にいつか一緒に働きたいと言われ、マイアミのスタジオに行ったら、彼は “Happy” を仕上げているところだった。
・Pharrell と仕事をするのは勇気がいることだった。自分がスパースターと仕事ができる器なのか分かんなかった。
・Pharrell と最初に作ったのは “Everlasting Nothing”。Pharrell 曰く「サージェント・ペパーズをやろう」
・SNS や顔を合わせる機会が減っているせいで、子供達が共感を学びきれていないことが恐ろしい。曲も変化し、短くなっている。テクロノジーは我々をより空腹にしている。“Hyperlife” はそのことについて歌った。
・“Stratosphere” は20年前にヘロインで失った友人についての曲。他の場所に逃げたいの心の状態について。それはアルバム全体のテーマ。
・人々はそれ(現代の不安と不確実性かな?)の対処の仕方に苦悩している。ある人は非常に怒って激しく暴走する。またある人は、無視したり、悲嘆、緊張、または不信に陥っている。社会にトラウマがあるとき、私たちは自分自身もトラウマを持っている。テクノロジーを通してその中に迷い込んでしまい、憂さ晴らしや政治活動、宗教、麻薬にはまる。曲を途中でやめたので、別の EP を出すつもり。
・プリンスのオープニングをした後、ボディーガードが彼にところへ連れて行ってくれた。プリンスはバンドといっしょにショーのビデオを見て反省会をしていた。レコードを作る時はいつもオーディエンスと関係を築くことを考える。プリンスが教えてくれた。

<THE IRISH TIMES>
・作詞をするとき、ただその音楽のムードを伝えようとしていた。多くのトラックは最初に作曲したので、それらの曲の声を見つけなければならない。マイクに向かうとフレーズが出てきて、言葉から人や場所の肖像画が出てくることがある。
・(昨年オープニングを務めた U2 について)彼らはいつもとても寛大で親切だった。僕がオープニングをしたどのバンドより、U2 は最高のオーディエンスを持っていると言わざるを得ない。U2 のオーディエンスはとても親切で、オープンで、多くの返しをしてくれた。
・これは超デジタルなアルバム。意図的にそう。オーガニックな楽器は大好きだけど、現代の音楽はデジタルでできている。僕はこのアルバムのサウンドでそれを受けとめたかった。(すみません、この後の意図が汲めずスルーします)


また、イタリア版 ROLLING STONE の表紙が Beck です。イタリア版はもう印刷媒体はないのかな? 「DIGITAL COVER」といっていますね。特集記事はこちら。むろんイタリア語。インタビュー映像もありんす。
icon-arrow-right BECK – L’arte della fuga

珍しく薄ら笑い…。

とりあえず以上です。

@calquinn - Instagram

新曲、Everlasting Nothingが公開

とうとう来週発売の「Hyperspace」。みなさん初聴きをいつどこで何で聴くか決めましたか?(え?そもそもそんなこと決めない?)私はまだ決めあぐねています。通常国内盤CDは発売日の前日に入荷しますが、今回はどうなんでしょうね。「Hyperspace」同様、世界同時の金曜発売だった FKA twigs の国内盤は前日入荷しなかったみたいだし、フラゲは期待しない方がよいかしら? そうなると最速でゲットできるのはデジタル販売だけど、どうせ買うならハイレゾ欲しいし、でも国内のハイレゾは高いのでアメリカの発売を待つのか… そうなるとストリーミング配信も始まってるってことだし、ていうか Amazon 特典のデカジャケなにげにほしi(以下略)


本日、「Hyperspace」の最後の曲、“Everlasting Nothing” が公開されました。5曲も公開しちゃうなんて…!

この曲は2013年の「Station To Station」というアート・イベントでゴスペル隊を率いて披露された曲です(Youtube)。アレンジは変わってると思いますが。今年の2月にレコーディング風景をインスタにあげてましたね。エレクトロニカとゴスペルの華麗なる融合… なんですか?(聴いてない&聴かない)


SiriusXM がインタビューしたらしいです。全部聴くには色々しなきゃいけないみたい。


 
ちょっと色々追えてないので逃しているインタビューとかがあるかもしれません。メンゴ!

Paisley Park Sessionsがリリースされました

「Paisley Park Sessions」なる3曲のセッション音源がAmazonからリリースされました。Amazon Music(要アカウント)で配信されています。また、Amazonのアカウントがあれば、3曲500円で購入もできます。
 
 
 icon-arrow-right Amazon Music
 icon-arrow-right Amazon販売 (「今すぐ再生」の下のオプションより購入できます)

これは何かというと、ミネアポリスにある Prince のスタジオ Paisley Park で9月中旬に録音・録画されたもので、“Where It’s At”、“Up All Night”、Prince のカバー・メドレーである “The Paisley Experience” の3曲が収録されています。Prince のカバーはライブでおなじみの “Raspberry Beret”、そのあと “When Doves Cry”、“Kiss”、“1999” と続きます。

今年初めにスタジオからのレコーディングの招待を受けたらしいです。Prince の死後、スタジオAでレコーディングを行った最初のメジャー・アーティストとか(広報より)。

映像は11月18日に Youtube で公開されるみたいですが、現在 Behind the Scenes を見ることができます(朝は見れなかった)(ライトセーバー持ってそうなスクショ)。

ライブとはまた違ったアレンジすね。熱量の高いセッションです。バンドも自由度高いです。3曲なのにブラウスを着替える Beck。リボンタイが麗しいです。

(追記 11/13)
udiscovermusic.jp が Beck のコメントの和訳を載せた記事をアップしました。
 icon-arrow-right ベックがプリンスのスタジオで録音した EP をAmazon Music 限定配信。プリンス・メドレーも収録
ちなみに、「Hyperspace」は日本ではユニバーサルミュージックからリリースされることになったので、国内のおける情報はユニバーサル本体(@UNIVERSAL_INTER)とそのキュレーションサイトであるuDiscoverMusic(@uDiscoverJP)がシェアしていくことになると思います(メディアの独自取材を除き)。 “Dark Places” のリリースに触れなかったりと謎なムラがありますが。


そして先生より一言。

…はい。