160211ic

2/10 SAINT LAURENT AT THE PALLADIUM

Saint Laurent Paris のショーがハリウッドの The Hollywood Palladium で開催されました。このショーは2016年秋冬メンズコレクションおよびウィメンズのプレコレクションで、ディレクター Hedi Slimane がこれまで制作してきた「Hedi Slimane Photo Diary」の10周年記念として、拠点である LA での公開になりました。ゲストには、Beckファミリーはもちろん、Slimane の被写体になったあの人この人、Saint Laurent を愛好しているLAセレブなど、派手な顔ぶれが山てんこ盛り盛りです。

Hansenさん御一家はフロント・ローで鑑賞。おピンクのジャケットをお召しです。お隣は Justin Bieber、その横に Joan Jett、Mark Ronson そして Kim Gordon という並び。もうちょっと行くと Courtney Love がいます。

これは Justin Bieber のインスタ。Beck 親子を撮ってます。交流するビバ男と Cosimo の写真はこちら

 

160211a

Courtney Love と Lady Gaga と Beck(眉毛アリ)。忘年会の余興の格好のままキャバレーに寄りましたみたいな。
 

SAINT LAURENT At The Palladium - Inside

Mark Ronson とジャケットもろ被りな Beck 課長(七三)と、Mark Ronson と髪型もろ被りな Josh Homme。ちなみにこのおピンクのジャケットは2016年春のコレクションです。
 

 
こちらは退任の噂もささやかれる Hedi Slimane。また Beck が洋服難民になってしまうのか!? コレイカニ


Beck さん、アフターパーティーではステージにも立ち、6曲をプレイしました。Beck の他には Father John Misty、Joan Jett など豪華なラインナップ
バンドはいつものメンバーです。セットリストは下記のようです(Thanks Keiko!)。

  • Devils Haircut
  • Think Im In Love
  • Soul Of A Man
  • Minus
  • Mutherfuker
  • E-pro

“Mutherfuker” のビデオがあったので貼っときます。音悪ですが。
 
 
ちなみにステージ後ろのペイントは Giovanni Ribisi の娘である Lucia Ribisi(つまり Beck の姪)が描いているそうです。ティーザーにも出てましたね。

コレクションの全貌はこちら(映像)。かっちょいいです。
 icon-arrow-right SAINT LAURENT – MEN AND WOMEN’S FALL WINTER COLLECTION XXII

写真は Gettyimages より。

160204ic

Wide Openのメイキング映像

“Wide Open” のミュージックビデオのメイキング映像が公開されました。興味ある方へ。

 icon-arrow-right Behind The Project: How The Mill Brought The Chemical Brothers’ ‘Wide Open’ To Life
 

Beck が今日 Instagram でこのビデオ(メイキング映像でなく本編の方)についてポストしましたが、フォロワーの「Love u beck’s PR guy」というコメントに対し、「Not a pr guy its me folks(PR の人じゃなくて僕だよ皆さん)」と返しています。

160204a

つまり、Beck はコメントを読んでいる!!!(時もある?)

 
…はい

160130

Beck、David Bowieを語る

Rolling Stone 誌の最新号は David Bowie の追悼号となっています。様々なアーティストが Bowie を偲んで言葉を寄せていますが、Beck も rollingstone.com にてその思いを語ってくれました。長いです。
icon-arrow-right Beck on David Bowie: ‘He’s Always Been a Guidepost For Me’

…僭越ながら訳してみました。いつものように適当意訳なうえに抜粋です。難解なところは華麗にスルーしているので肝心なところが抜けているかもしれません。適当に読んで忘れてください。

(上の写真は2001年のVanity Fairの表紙を撮影した時のスナップ(多分)。Bowie と一緒に写っているネット界唯一の写真です(多分))

【更新 1/30 22:30】
NME JAPAN がこの記事を取り上げ、翻訳を抜粋で掲載しました。私が訳さなかった部分がありんす。
 icon-arrow-right ベック、デヴィッド・ボウイについて「僕のやってることの道筋」だったと語る
(これを受け、ここの訳もちょっと手直ししました)

【更新 2/8 22:30】
Rolling Stone Japan が全文を訳しました。意訳度高めな気がする。
 icon-arrow-right ベックが語るボウイへの思い:「いつだって僕の目標だった」
 
 
>> 続きを読む/read more

160126ic

最近のニュース

New Orleans Jazz Fest に出演

4月22日から5月1日に、ルイジアナ州の New Orleans で開催される The New Orleans Jazz & Heritage Festival に Beck の出演が決定しました。Beck の他は、Pearl Jam、Red Hot Chili Peppers、Neil Young、Stevie Wonder、Paul Simon、Van Morrison などなど、いぶし銀な顔ぶれです。Beck の出演は4月30日。
 icon-arrow-right http://www.nojazzfest.com

Wide Open のミュージックビデオ

Beck フィーチャリングの Chemical Brothers “Wide Open” のミュージックビデオが公開されました。ディレクターは Dom & Nic、ダンサーは Sonoya Mizuno。

 
…私の曲のイメージとちょっと違うので何とも言えず。(アミアミ、ちょっと無理…)

160121i

リニューアルしました

はー こんにちわ!
サイトをリニューアルしました。文字や写真の拡大と、私の作品の整頓、レスポンシブ対応が主な改装です。増えたコンテンツはありませんが、フッターに付け足した「ツアー情報」が何気に便利です(自分が)。これはオフィシャルから引っ張ってきているので自動的に更新されます。

ここ1年くらいの投稿は整形し直しましたが、それ以降はレイアウトが崩れているところがあります。ま、ぼちぼち直していきます。

ファンサイトのくせにディスコグラフィー的なものがないので、そのうち作ろうかなとも思っています。とはいえ、きちんとしたディスコグラフィーは抜かりない海外のファンサイトがすでに作っているので、ここでは私なりのゆるいものになるでしょう。ウフ

これからもどうぞよろしくお願いいたします。