@beck - Instagram

最近の小ネタまとめ

BBC 6 に電話で出演

来週末にイギリスで開催される The Biggest Weekend への出演をうけ、イギリスのラジオ局 BBC 6 Musicの番組に電話でゲスト出演しました。
アーカイブがこちらで聴けます。01:36:00 らへんから登場。
 icon-arrow-right https://www.bbc.co.uk/programmes/b0b260ml

ニューオリンズに滞在してる時の録音です。新しいことは言ってない…かな? ニューオリンズの街で夜更かししたんでしょう(上は午前3時の写真らしいです)「遅寝早起きはいぐない」とのこと。そのせいか声がまたいちだんと渋いです。
The Biggest Weekend は BBC(テレビ・ラジオ)で中継されるみたいです(が、日本で見れるかはまた別のお話)。

Roger Manning Jr.のインタビュー

久方ぶりの新作「Glamping」をリリースする我らがキーボーディスト、Roger Joseph Manning Jr.さんですが、そのインタビューが keyboardmag.com に掲載され、Beck について少し話しています。
 icon-arrow-right https://www.keyboardmag.com/artists/roger-joseph-manning-jr

“I’ve got a Jupiter-8 and Prophet-10 out with me,” Manning says. “I warned him from the beginning, ‘These sound fantastic, but they’re old and I don’t have a backup if we run into any trouble on the road.’ He thought about it for a minute and said, ‘Well, I can hear the difference. I want my audience to hear the difference. So let’s bring ’em.’ I thought, Okay. I’m with the right employer.”

名機の Jupiter-8 と Prophet-10 を持っているロジャマニ氏。ツアーが始まる前、これらは素晴らしいシンセサイザーだけど、古いしツアー中にトラブルにあってもバックアップはもうないんだよねと Beck に言ったら、Beck は少し考えてから「その違いは聴きとれる。僕は観客にその違いを聴いてもらいたい。だから持っていこう」と言った。リスクがあっても観客のため最良を選ぶ Beck。ロジャマニ氏は思った。私は理想的な雇い主と共にいると。

ロジャマニさんの Beck リスペクトはなぜだかこっちが誇らしい気持ちになります。違いの分かる男、Beck Hansen。

あと、Beck のツアーは楽しくて、でも比較的短いから自身の音楽活動にも時間を費やすことができるということも言っています。

Flumeのドキュメンタリーにちらり

現在 Apple Music で限定公開している Flume のドキュメンタリーに Beck がちらっと出てきます。(Beck は Flume の最新アルバム「Skin」で1曲コラボしています)
 icon-arrow-right Flume: When Everything Was New


壮大なレコードの夕べです。「Skin」のリリース記念になんかの番組に出演した Flume に向けたビデオメッセージです。自宅かスタジオか。いいところです。

コラボした曲はコレね。

そんなところです。

Sheryl NieldsとBeckの写真

25年という長いキャリア、Beck には雑誌やプレス用に撮った素敵な写真がたくさんあります。最近だと Peter Hapak (←タップすると写真がポップアップします)がたくさん撮ってますが、 Lauren Dukoff の白 Beck の写真はかっこよかったなぁ。Pej Behdarvand の写真もしっとりとしててキレイだった。Autumn de Wilde が撮る Beck は他よりほんの少しリラックスしている。Guero 期だったら James Dimmock の写真が一番かな。はしごに登らせたの素晴らしアイデアだね(美脚)。Anthony Mandler の Flaunt(雑誌) はお宝だね。Flaunt と言えば Michael Muller のもあって、こっちも好き。Piper Ferguson が撮る Beck は少しファニー。最近も撮ってるけど私は Guero 期のやつが好き。忘れちゃいけない Hedi Slimane。こういう静かで儚い Beck は Hedi の写真でしか見れない。…などなど、あげれば切りがないです。

もう一人、Sheryl Nields(シェリル・ニールズ)という方がいます。最近は全然撮っていませんが、Mellow な Gold の時からちょくちょく Beck を撮っていて、お気に入りのフォトグラファーのひとりです。
 icon-arrow-right https://copiousmanagement.com/sheryl-nields

Sheryl さんの写真でとくに好きなのが Guero 期の写真(上の上のやつ)なんですが、この度、そのコンタクトシート(つまりベタ焼き)を数枚入手! ネットや雑誌に未掲載のカットもたくさんあったりして、ハム垂涎の逸品です。サイズは1枚24×30cm。印画紙なのでとてもキレイ。印画紙最高。

そして額装したりして。4年振りにリビングにある先生の肖像が交換されました。(額装はロマン)

ちなみに額はこれアクリル板に挟まってます。人形は左からムニエル(a.k.a. なめ郎)、ヤメピ、レッドモン。
 

私は Guero 期(2005年)の Beck が一番男前だと思っていますが、今がいつだって最高です。なのに最近は素敵写真が少なくてちょっと不満。47歳の Beck に相応しい、風情のあってまろやかな写真をどなたか撮ってくれないかしら。モノクロでなくカラーで。自然光で自然体なやつをさ。

@mom2dougandnate - Instagram

5/6 Nashville公演

6日の公演は、テネシー州ナッシュビル(Nashville)の Ascend Amphitheater という野外劇場で行われました。ここは結構でっかい会場ですね。ステージの左右に巨大スクリーンがあります。スクリーンがある単独公演は珍しい。メインの映像とかち合わないようモノクロで Beck やバンドを写していました。セットリストは下記。

  • Devils Haircut
  • Up All Night
  • Qué Onda Guero
  • Black Tambourine
  • The New Pollution /with Preservation Hall Jazz Band
  • Mixed Bizness /with Preservation Hall Jazz Band
  • Sexx Laws /with Preservation Hall Jazz Band
  • Colors /with Preservation Hall Jazz Band
  • Wow
  • Dear Life
  • Go It Alone
  • Country Down /Acoustic Solo
  • Lost Cause /Acoustic Solo
  • Debra /Acoustic Solo
  • Raspberry Beret /Acoustic Solo
  • Lovesick Blues /Acoustic Solo
  • Blue Moon
  • Dreams
  • Girl
  • Loser
  • E-Pro
  • l’m So Free
  • Where It’s At /with Preservation Hall Jazz Band
  • Rebel Rebel (David Bowie cover) /with Preservation Hall Jazz Band

曲数多いですね。オープニングアクトの Preservation Hall Jazz Band がちょくちょく出てきてます。PHJB とは去年の Red Rocks 公演でも一緒に演ってますね。
そしてソロのアコースティックで、“Country Down” を演ってるようです。見たいなー! 映像探したけど見つからずです。あとは “Where It’s At” のからみで、PHJB と一緒に David Bowie の “Rebel Rebel” をちょろっと演ってます。

本日の Hank Williams

映像荒いけど “Where It’s At”、Jason のソロから “Rebel Rebel”

かわいい退場シーン

Anna Haasさん(@annahaasmusic)がシェアした投稿

これにてツアーは中休みに入ります。お疲れ様!
お次は23日。アイルランドのダブリンで Yeah Yeah Yeahs と対バンです。いいね!

 
最後は裏ピースなかっこいい Beck さんでお別れです。

John McNicholasさん(@nickmickolas)がシェアした投稿

@redmountainent - Instagram

5/5 Birmingham公演

こどもの日は、アラバマ州バーミンガム(Birmingham)の The BJCC というコンベンションセンターのコンサートホールで単独公演が行われました。セットリストは下記。

  • Devils Haircut
  • Black Tambourine
  • The New Pollution
  • Qué Onda Guero
  • Wow
  • Mixed Bizness
  • Up All Night
  • Dear Life
  • Go It Alone
  • Everybody’s Gotta Learn Sometime /Acoustic Solo
  • Debra /Acoustic Solo
  • Raspberry Beret /Acoustic Solo
  • Lovesick Blues /Acoustic Solo
  • Lost Cause /Acoustic Solo
  • Blue Moon
  • Dreams
  • Girl
  • Loser
  • E-Pro
  • Colors
  • Where It’s At

最近の単独にしては短めですね。オープニングアクトを務めた Kimbra が “Where It’s At” で登場しています。

Madelyn Wigginsさん(@mwiggins00)がシェアした投稿

Scott Registerさん(@regscoffeehouse)がシェアした投稿


 
明日は3連勤最終日でナッシュビルです。その後、ツアーはしばし中休みに入ります。

@jazzfest - Instagram

5/4 New Orleans Jazz & Heritage Festivalに出演

4日はルイジアナ州ニューオーリンズ(New Orleans)で7日間に渡り開催された New Orleans Jazz & Heritage Festival に出演しました。同フェスには2016年にエントリーされていましたが、豪雨のためキャンセルになってます。
Beck は5日目メインステージのトリです。セットリストは下記。

  • Devils Haircut
  • Black Tambourine
  • Up All Night
  • Qué Onda Guero
  • Wow
  • Mixed Bizness
  • Hollywood Freaks
  • Think I’m In Love
  • Go It Alone
  • Debra /Acoustic Solo
  • Raspberry Beret /Acoustic Solo
  • Lovesick Blues /Acoustic Solo
  • Blue Moon
  • Dreams
  • Girl
  • Loser
  • E-Pro
  • Colors
  • Where It’s At

トリですが、このフェスは老人に優しく19時で終わるのでまだ明るいですね。サングラス着用です。サングラス Beck は私的に Beck 度が高いので(?)歓迎です。自分が見てるライブにサングラスつけて出てきたら怒るけど。

Getty Images に写真があがってます。

Embed from Getty Images
 

kipgさん(@kginaustin)がシェアした投稿


 
次はアラバマ州バーミンガムで単独公演です。