Hyperspace: A.I. Explorationのトレーラーが公開!

姉さんニュースです!

久しぶりの活きのいいニュースです。まずはこちらを…

は? NASA !?!?

Beck 先生、どうやら NASA とコラボするようで、そのトレーラーが JP で9日の1時に公開されました。

特設ページもできました。カウントダウンしています。
http://hyperspace.beck.com

“Hyperspace: A.I. Exploration” と題されたそれは、US で8月12日(JPで13日)にお披露目されるようです。時間はカウントダウンだとJP時間の朝8時ですが、Facebook には PDS(米国太平洋夏時間)で12日9時、つまり JP で13日1時からになってるんですよね。
…ま、そのうちわかるでしょう。

(更新)カウントダウンも13日1時を示しました。

しかし NASA とはまたでっかくきたね。サウンドとビジュアルがインタラクティブなやつかしら。近日公開なのが素晴らしいです。楽しみ!

最近の小ニュースまとめ

SiriusXM の Coldplay Radio でゲストDJとして出演

SiriusXM(アメリカ衛星ラジオ)が企画しているミュージックチャンネルに「Coldplay Radio」が登場。Coldplay のライブ音源やゲストDJによる選曲などを放送していますが、Beck がそのゲスト DJ として出演し、気に入りの Coldplay の楽曲を選曲/紹介しているようです。SiriusXM は日本では聴けないのでスルーしてましたが、Coldplay 公式が1分くらいの音声を公開しました(ので貼っておきます)。何を選曲したかは分かりまへん。以前、同局の David Bowie 特集でもゲスト DJ してましたね。

“Saw Lightning (freestyle)” の別バージョンを発見

Night Running ツアーを一緒に回っていたフォトグラファーの Mikai Karl さんの Vimeo にありました。最初に “Devil Got My Woman” をちょろっとやってます。既出バージョンはこちら

 

Khruangbin による “No Distraction” のリミックスが公開

今更ですが、Khruangbin による “No Distraction” のリミックスが日本でも聴けるようになってます。この7インチ(もう片面は St. Vincent による “Uneventful Days” のリミックス)は10月24日の Record Store Day で発売予定。

 


Beck が暮らすロサンゼルスは感染者数が増えており、外出禁止令は出ていないものの、状況はロックダウン時に逆戻りしつつあるようです。レストランとかは野外営業ならOKのようですが、必要不可欠の業務を行わないオフィスやショップは営業を停止。マスクは義務化、学校はオンライン、美術館や映画館、バーやライブハウスは営業停止です。レコーディングスタジオはどうかというと、例えば Beck 御用達の Sunset Sound や Capitol Studios は普通にオープンしてるみたいです(いいんだ)。

「そろそろ何か…」とも思いますが、この状況下で創作活動ができるかできないかは人それぞれでしょう。Beck が何かを作っている片鱗はないか、Instagram に映るサングラスを凝視しながら、ひょっこりと良いニュースが届くのをまんじりと待っています。

私が選んだBeckのベストソング30

Beck 生誕50年祭りとして、私が選んだ「Beck のベストソング30」のリストを発表します。ガーディアン紙の「Beck’s greatest songs – ranked!」のまねです。順位付けは適当です(コメントも)。きっと明日には違うことを言っているかもしれないし、些細なことで簡単に変動するでしょう。なにせ本当にたくさんの素晴らしい曲があるのですから…!

皆さんのリストも知りたい! 10曲で良いのでぜひコメント欄に投稿してください。曲名のリストだけでも構いませんから!
(日本語をひと言入れてください。英語だけだとスパム扱いになるので! メアドはなくても大丈夫です)

Ham 選、Beck のベストソング30

30 Heart Is A Drum

うっすら寂しくも温かな曲。逆回転と飛び道具的な音、アコギ、ロジャマニのピアノ、まろやかなBeckの声が揃えばいい曲にならないわけがない。

29 Side Of The Road

孤独すぎる名曲。アコギと声でここまで聴かせる Beck よ。「道端で過ぎてゆくに任せよう、そんな僕に友は何が言える?」って何も言えねー!(泣)

28 You Can Be So Careless

またの名を “Burn”。初期の名曲(って思ってるのは私だけ?)。ハーモニカが泣ける。出張で電車に乗ってる時にシャッフルで流れてきて社畜だった私の心を震わせた曲。

続きを読む

July 8, 2020

Happy Birthday Beck !!

Beckも50歳になりました。
健康を第一に、益々のご活躍をお祈り申し上げます。

配信イベント「Round Midnight Preserves」に出演します

Beck は6月20日、ニューオリンズのジャズクラブ「Preservation Hall」のお抱えバンド、Preservation Hall Jazz Band のメンバーが主催するベネフィット・イベント「Round Midnight Preserves」に出演します。これはストリーミング配信のイベントで、Beck の他に、 Dave Grohl、Elvis Costello、Dave Matthews、Jim James などが出演します。ライブ・パフォーマンスとアーカイブ・パフォーマンスとインタビューで構成されるらしいですが、Beck がどうするのかは分かりません。イベントの収益は、Preservation Hall Foundation とその60人のメンバーの支援に使用されます。

6月20日土曜日の20時(CST)、つまり日本時間で21日日曜日の10時です(時間、訂正しましたスミマセン!)。下記の Web サイトにリンクされている Youtube などで見れます。
 icon-arrow-right https://www.preshallfoundation.org

Preservation Hall Jazz Band とは2017年の Red Rocks 公演などでちょいちょい共演していますね。Preservation Hall もニューオリンズに行くたびに出向いている感じです(適当)。Beck は New York Timesの「自分に不可欠な10のモノ」にも Preservation Hall をあげています。

はい。

(更新)
Redrocks 公演で PHJB と共演した “Sexx Laws” のライブ映像が流れただけでコメントなどはありませんでした。