Category Archives: my work

8/15 Mansfield公演

本日15日の公演は、マサチューセッツ州ブリストル郡のマンスフィールド(Mansfield)にある Xfinity Center で行われました。今日も Instagram でライブ配信がありました。Britt との “Pump It Up” から Matt が登場しての “Night Running”、そして “Where It’s At” の後半からラストまでを配信しました。今のところまだ見れます。
セットリストは下記です。“Dear Life” が今ツアー初です。バンドのだれかが誕生日だったらしく Happy Birthday を歌ったそうな。

    Loser
    Up All Night
    Girl
    Qué Onda Guero
    Mixed Bizness
    Debra
    Wow
    Saw Lightning
    Dreams
    The New Pollution
    Devils Haircut
    Go It Alone
    Lost Cause
    Dear Life
    E-Pro

    Where It’s At
    – Happy Birthday to You
    – Pump It Up
    – Night Running

(追記)映像がぼちぼち。近めの映像が何本かYoutubeにあります。

写真はまだあまりありませんが、たぶん近いうちにプロショットが上がるので後で追記しておきます。今日はグレー+赤です Beck さん。


 

そしてーーー!(←大声)

Beck 公式はライブが始まる前に各々のバンドのタイムスケジュールを SNS に投稿します。いつもはスケジュールと一緒にライブ写真や映像をポストしますがーー、今日はーー、なんとーー、私が描いた絵をーー、ポストしてくれましたーーーー!わーーーーー!

しかもーーー、Beck 御大自らが管理する Instagram にもリポストして頂けました!!!わーーーー!

わざわざタグまでつけてくださって、もう最高の栄誉でございます。。本当にありがとうございます!!!
Matt がなかなかうまく描けず難航したけど(今でもちゃんと描けたのかよく分からないけど)、仕上げることができて本当によかった。
 

私は2012年に Beck を見に単身オーストラリアに行き、シドニー空港で偶然彼と遭遇するという奇跡を経験しました。Beck を見るためだけが目的のオーストラリアで、一番カンバセーションがとれたのは Beck 本人というデスティニー。偶然会えるなど期待はもちろん妄想もしていなかった。Beck と話しをして、同じ飛行機に乗って一緒にお空に浮かんでいる時、私は「こりゃ… ひょっとすると、神様、いるのでは?」と思った(だんだん話があやしくなってきた)。期待をせず見返りを求めず、ピュアな気持ちで、ただ愛という名のもとに、粛々と活動していれば、神のご加護を得られるのだと悟ったわけです。
その後も「無欲→ご加護」な出来事が何度かありました(逆もしかり)。「欲」というのは疲れるし、あっていいことなし。だから今回もぜんぜん無欲で、いつも支持してくれる人たちがいいねしてくれれば上々と思ってました。まさかこんな通知の嵐になるなんてさーーっ!

(つまり、なんも期待してなかった超うれしいイエーイ☆という話です)
 
プリント売ってくれよ!という問い合わせが何件かありましたが、その予定はないので解像度のまあまあ高いデータをこちらにアップしておきます。ご自由に保存してください。

最後になりましたが、コメントやいいねをくれた皆様に感謝です。ありがとうございます! ファンから褒められ、本人からも認められ、私はほんとうに幸せです。この喜びを糧に、これからも粛々とベクっていきたいと思います。

July 8, 2019

Happy Birthday Beck !!

49歳になったBeckさん。
益々のご活躍とご健勝、そしてご多幸を心よりお祈りいたします。

2018年を軽く振り返る

2018年は Colors ツアーの年でした。アメリカとヨーロッパ、そして日本を回りましたが、Beck 的には Madison Square Garden と、Hollywood Bowl での公演がスペシャルだったのではないでしょうかね。バンドも安定感が増し、Beck バンドとしては、Morning Phase 期のベテランチームに次いで、仲睦まじく、いい感じにフィットしている気がします。

Beck は今年も来日してくれましたね。歌って踊ってあっという間に去っていった感がありましたが、強烈すぎた昨年の単独公演のなんともいえない余韻を、いい感じにきれいさっぱり消化させてくれたような気がします。

リリースは少なかったっすね。オリジナル曲はゼロ。カバーが1曲(“I’m Waiting For The Man”)、リミックスが U2 の2曲のみです。Roma はどうした?

「Colors」を永遠と聴いていた1年でした。永遠と聴いていてもあきないアルバムですが、この次のターンで Beck がどんな音楽を聴かせてくれるのか、想像つかなくてわくわくします。来年は何をしてくれるのでしょう。変わらずお元気で楽しいことをしてくれたら、我々ファンは幸せです。

最後に我ながら意味不明な眩しい Beck 絵で今年を締めくくりたいと思います。

よいお年を! ゴーン

〈 HAMBECK14周年企画 〉ポストカード作りました

2019年をもって HAMBECK は15周年を迎えます。……と思い込んでたのですが、よく考えてみたら14周年でした! アハハハハ
中途半端な周年ではありますが、特別企画としてポストカードを製作しました。4枚セットです。

紙はグランヌーボ スーパーホワイトという柔らかな質感とピュアな白さが特徴の高級紙。200kgと厚めです。

「む、ちょっと欲しいかも…」という方に、切手代と小銭程度の実費(印刷代等)でお譲りします。

取引をシンプルにしたいので、募集は Twitter のダイレクトメッセージ、支払いは Amazon ギフト券とさせていだきます。

ご希望の方はまずは希望する旨を一言添えて @hambeck_info へダイレクトメッセージをください。お支払い方法をお知らせします。

アカウント名と送り先住所が結びつかない仕組みになっているので、お気軽にどうぞ!

数に限りがございます。定員になり次第締め切りますのでお早目(とか言ってたぶん大丈夫だと思うけど)。

※ Twitter アカウントとなんてないわよ!という方はコメントください(要メールアドレス)。

(更新)
配布は締め切らさせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました!
嬉しいお言葉も多数いただき、感謝感激です。企画してよかった〜!

celine.com

CELINEを着せてみた

Beck のワードローブを担っている Hedi Slimane が新しく CELINE のデザイナーに就任し、先日メンズ・ラインも加わった2019年春夏コレクションを発表しました。ここ3〜4年変わっていなかった Beck のワードローブも(きっと)更新されることでしょう。相変わらずの The Hedi Slimane なデザインなので印象は変わらないだろうけど☆

というわけで着せてみました。(写真をタップすると拡大)

元ネタはこちらです。
左から2番目がいいかな。真ん中のやつは着てくれそう。見てみたいのは一番右。