@rhye - Instagram

TwitterでQ&A

なんと今年初めての投稿です。サボっていたわけではなく、Beck に動きがなかったんですよ。(ま、小さなネタはスルーしてましたが)

グラミーの企画で、Twitter で Q&A イベントが催されました。#GRAMMYsAskBeck を付けて投稿すると Beck が答えてくれるってやつです。Twitter での Q&A は2回目。前回は「Colors」のリリースの時にやりました。前回の方が質問も回答もひねりがあったかなという印象。でも今回もたくさんの質問に答えてくれました。

Google 翻訳を節操なく貼っつけておきます。ふふ。
タップすると原文のリンクに飛びます。

私が飛びついた QA は下の2点!

いくつかのコラボレーションが coming out soon だそうです。最近ミュージックビデオを撮ってたみたいですが(Instagram より)、コラボの新曲なのかな?
あと関係ないかもしれないけど、The Strokes が Beck がカメオ出演したビデオのメイキングビデオをアップして「Something cool coming tomorrow」とツイートしてたので、もしかしたら The Strokes とのコラボという可能性もあるかもしんまい(これは明日分かるけど)→(更新:ジャージの発売だけだったw)。ま、結局何にも出ないという可能性も大いにある!
 
これは朗報ですね。2016年に Beck の LP の再販が発表され、「Odelay」「Mutations」「Sea Change」「Guero」はリリースされましたが、それ以外はずっと待たされたままでした。特に「Midnite Vultures」は入手困難なので、待ってた人も多いのでは。再販再始動ってことなら「The Infomation」と「Modern Guilt」も出るのかな?? うっそ嬉しいじゃん!(全部持ってるけど)
ま、嘘かもしれないけど!
 

他の質問も全部載貼っつけておきますので、よろしければどうぞ。
 
続きを読む

by Mikai karl

2020年を振り返る

世界が新型コロナ野郎に翻弄された2020年。ライブやフェスが軒並み中止されるという、音楽関係者にとっても苦難の年になりました。もちろん Beck の Hyperspace ツアーも中止。LA はロックダウンになり、レコーディングもままならない事態になりました。

そんな中、「ミュージシャンが自宅から配信」ってやつが流行りましたね。
Beck も Tom Petty や Daniel Johnston などのカバーや、自分の古い曲などをアコースティックでプレイし配信しました。

ビッグリリースは、NASA とタッグを組んだビジュアル・アルバム「Hyperspace: A.I. Exploration」および「Hyperspace(2020)」すね。未公開曲はないに等しく、レコード発売も来年に延期になったので、個人的に盛り上がりの欠けるリリースでした。映像はよかったけど。

あとは St. Vincent と Khruangbin によるリミックス7インチと、Gorillaz とのコラボ曲 “The Valley of the Pagans” のリリースがありました。オリジナルの新曲は1曲もなかったね~

コロナがなければ Beck は今年、どういう予定だったのか…。「Hyperspace」に入らなかった曲を EP で出す計画はあたりまえのように有言不実行のままだし、インスタのストーリーでちら見せした Alan Parsons Project のカバーのレコーディング音源はいったいなんだったのか…。(言い出したらきりがない⭐︎)

何はともあれ、来年はもうちょっとましな世界になっていることを願います。


今年はなんだかあまり有意義なことが書けなかった気がするなぁ。ここ近年で一番 Beck が遠い一年だったようにも思う(ほとんどサングラスだったし)。
それでも繁く通ってくださった方々、どうもありがとうございました。

みなさんが良いお年を迎えられますように。

健康と安寧を。ゴーン

photo by kat irlin

最近の小ネタ

Scott Pilgrimの10周年記念レコードがリリース

Beck が主人公のバンドの曲をかいた映画「Scott Pilgrim vs. the World(邦題:スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団)」が10周年らしく、そのサントラが Deluxe Vinyl Edition として帰ってきます。

 icon-arrow-right Scott Pilgrim Vs. The World Deluxe Vinyl Edition Coming March 2021 – abkco.com

ボーナストラック12曲を含めたサントラ2枚、 音楽監督の Nigel Godrich によるスコア2枚の、計4枚のレコードセットでございます。
ボーナストラック(Said 4)の内容は下記です。

    1) Black Sheep (Brie Larson Vocal Version) – Metric
    2) No Fun – Sex Bob-Omb(※Beckがかいた曲)
    3) Garbage Truck – Beck
    4) Threshold – Beck
    5) Indefatigable – Sex Bob-Omb(※Beckがかいた曲)
    6) Go! – Plumtree
    7) Ramona (Acoustic Demo Idea 1) – Beck
    8) Ramona (Acoustic Demo Idea 2) – Beck
    9) Ramona (Acoustic Demo Idea 3) – Beck
    10) Ramona (Mellotron Version) – Beck
    11) Summertime – Beck
    12) Enter Goddess – Nigel Godrich

このうち、完全に未発表な Beck の曲は “Ramona” のデモ4連発ですかね(あとは Youtube で聴けます)。メロトロン・バージョンはちょっと気になります。

発売は3月26日。価格は約150ドル(は?)。
“Ramona” のデモ4曲に150ドルは出せねーな!! ガハハ
 

Pharrell Williamsのインタビュー

Pharrell が Rick Rubin とのインタビューの中で Beck について話しています。20分くらいから。英語字幕がつけれます。

「彼は天才だ。ファンは知ってる。だけどもっと多くの人が彼がどれほど天才であるかを知るべきだ。彼は宝物だ。」など、褒めまくっています。Rick Rubin も褒めまくってます。Pharrell は “The New Pollution” が好きみたいで、「てか彼は New Pollution を作ったんだぜ。それだけで十分だ。他に言うことはない。彼は New Pollution を作った。New Pollution を聴いたことあるか? New Pollution を fucking 聴いたことあるかって!」とか言ってて面白いです。
多分もっと重要なことを言ってますが訳せません。fucking 訳せませんって!

Sam Jayneが亡くなりました

Love as Laughter のフロントマンであり、Beck の “Forcefield” や “Outcome” でセカンド・ボーカルをとっていた Sam Jayne が亡くなりました。12月12日から行方不明でしたが先日車の中で発見されたそうです。46歳。Beck もインスタに捜索願いのポストを転載してました。

この声はこれからもずっと聴き続けることでしょう。
 


上の写真はニューヨークの写真家、Kat Irlin さん撮影の Beck 近影(脱・丸サングラス)。Beck さん、最近ニューヨークにいたみたいですね。「ニューヨークでプロのフォトグラファーに写真を撮ってもらった」ってのは今日書いた中で一番のニュースかもしれない。吉兆です。

SONG MACHINE LIVEに出演

12日、13日で行われた Gorillaz の SONG MACHINE LIVE に Beck もゲスト出演しました。ホログラムで。
映像は公式には一般公開されていませんが、誰かがアップした映像があるので参考までに。すぐ消えるかも。

Gorillaz 絵担当の Jamie Hewlett が以前言ってた、ボツになった映像(めちゃ踊ってるやつ)を利用したのかしら? 服装がビデオと同じなので可能性はあるけど、新たに撮ったとしても Beck だったら服装を合わせると思うので、まあ、わからんちん。

ちなみにこのライブは3回行われ、3回とも違ったパフォーマンスをするみたいですが、すでに行われた2回の Beck の映像は同じだったっぽいですハイ。

ちなみに “The Valley of the Pagans ft. Beck” のビデオはいまだに非公開。

The Strokesのビデオにカメオ出演 など

Beck が昨日公開された The Strokes の “The Adults Are Talking” のミュージックビデオにカメオ出演しています。一瞬ですが、3:20 らへんから。

熱演(熱演?)です。

アンドロイドとの野球試合に挑むチーム・ストロークス。絶対負け試合の中、雨のおかげでデッドボールになり、累に出たカサブランカスさんに回りまくれの指示を出すハンセン・ベースコーチ。背中にはもちろん「HANSEN」って書いてあるんだよね?

監督は Roman Coppola。


(なんかかわいい)
 


 
あと、ずっと書きそびれてましたが、「Hyperspace 2020」の国内盤 CD が出るそうです。レコードと同じ12月4日発売。この CD にはボーナストラックとして「Paisley Park Sessions」の3曲(“Where It’s At”、“Up All night”、“The Paisley Experience”)が付きます。そして7インチ紙ジャケット仕様だそうです(は?)。

 icon-arrow-right ハイパースペース(2020)(デラックス・エディション) – Amazon

ちなみに「Paisley Park Sessions」は Youtube で見れますし、音源は Amazon で売ってます。そして CD はジャパンだけでリリースされます。ハハ