from zimbio.com

12/7 KROQ Almost Acoustic Christmasに出演

Beck は本日、カリフォルニア州アナハイム(Anaheim)にある Honda Center で行われている KROQ Almost Acoustic Christmas 2019 に出演しました。このフェスは2日間あり、今日は初日です。

このフェスはライブ配信されました。現在リピート配信がされています。きっと明日の公演が開始されるまで繰り返し配信されてると思いますが、巻き戻しも早送りもできないので、まんじりと待つしかあるめい。
 icon-arrow-right Watch the KROQ Absolut Almost Acoustic Christmas Webcast This Weekend

セットリストは下記です。

    Loser
    Up All Night
    Girl
    Devils Haircut
    Wow
    Saw Lightning
    Dreams
    Uneventful Days
    The New Pollution
    E-Pro
    Where It’s At – Night Running

相変わらずエネルギッシュな Beck でした。びちびちしてました。配信だけかもしれないけど音がイマイチなところもありちょっと残念。「Hyperspace」からは “Saw Lightning” と “Uneventful Days” のみ。Beck の次が Cage the Elephant だったので “Night Running” で Matt が出てくるかと思いきや彼はこず、Beck が一人で Night Run しました。

これは “Devils Haircut”


 
逆に Cage the Elephant のステージに Beck がゲスト出演しました。曲はいつもの “Trouble”。


 
また、インタビュー映像があがっています。にこやかな Beck さん。

 
一番上の写真は zimbio.com より。Getty Images にも多々あり。

2019年の、つまり10年代の最後のショーはでした。Beck は最後に「ワンダフルなデケイドだった。次のデケイドで会いましょう」とおっしゃってました。デケイドおつかれさま!

from lasvegasweekly.com

12/6 Intersectに出演

6日、Beck はラスベガスで行われている Intersect に出演しました。「Hyperspace」リリース後、初めてのフェス出演です。セットリストは下記。

    Loser
    Up All Night
    Girl
    Qué Onda Guero
    Devils Haircut
    Wow
    Saw Lightning
    Dreams
    Mixed Bizness
    Debra
    Uneventful Days
    The New Pollution
    Dark Places
    Lost Cause
    E-Pro

    Where It’s At – Night Running

いつものセットに “Uneventful Days” と “Dark Places” が加わった感じですね。間に “The New Pollution” を挟んだか。ホホウ

上の写真は lasvegasweekly.com より。

Anderson .Paak とてれっとした Beck。


 

今日はこれから KROQ Almost Acoustic Christmas。ライブ配信あります!
 icon-arrow-right Watch the KROQ Absolut Almost Acoustic Christmas Webcast This Weekend

12/4 KCRWでライブ・パフォーマンス

4日朝、Beck はおなじみ LA のラジオ局 KCRW『MORNING BECOMES ECLECTIC』でライブ・パフォーマンスを行いました。アルバムをリリースすると必ずこれにでますね。日本では午前4時すぎからの配信なので、ニューアルバムリリース時の恒例の苦行になっています(そんなに苦じゃないけど)。 セットリストは下記。「Hyperspace」からは3曲やりました。目玉は “Dark Places”!

    Uneventful Days
    The New Pollution
    Devils Haircut
    Night Running
    Saw Lightning
    Dark Places
    Up All Night
    Where It’s At

映像は KCRW の Facebook にアップされています。しばらくすると Youtube にもくるはず。

・“Uneventful Days”、歌詞見ながら歌うの正解(ちょっとカラオケっぽいけど)
・ヨッヨッヨッ
・“Devils Haircut” のギターかっけぇ
・カールのキーボードのマーカーがすごい
・ギターのマークがほとんど手元しか映らなくてかわいそう
・インタビュー中にちょっとだけ歌うのいいよね
・サングラスちょっとくらいはずせばいいのに
・“Dark Places”いいっすね。こなれてくればライブ映えするのでは。野外で聴きたい!
・“Where It’s At” もクール

…そんな感じです。ありがたいです。
 


今後の予定は、6日にラスベガスで行われる amazon のフェス『Intersect』に出演。その翌日に KROQ Almost Acoustic Christmas に出演します。KROQ はライブ配信があるみたいです。まだスケジュールと配信アーティストは不明だけどこちらをブックマークしとけってさ! 日本だと8日の昼間にライブだと思いますが、24時間は視聴可能とのこと。Cage the Elephant も出るので、Cage のステージにも顔を出すかもね。

12/3 Jimmy Kimmel Live!に出演

Beck は3日、アメリカ ABC の番組『Jimmy Kimmel Live!』にミュージカル・ゲストとして出演しました。「Hyperspace」リリース後、初めてのテレビ出演です。曲は “Uneventful Days” でしたー。ビデオが上がっています。

・Beck でこういう演出はめずらしいね
・書類を一生懸命チェックする Beck はなかなかレア
・Gucciのシャツ
・おもむろに(なんとも言えない表情で)箱からマイクを出すのがよい
・壁係としての美女2人
・ヨッヨッヨッ
・割とアルバムどおり。ボーカルが別れるところ、Beckはこっちを歌うのね
・カレンダー、自分の誕生日になんか書いてある
・壁の付箋に「ASAP!(なるはや!)」「By Next Week」
・最後、ネコが Just Give Up に変わってる
・最後の表情がいい
・楽しかったよねきっと


今朝 KCRW『Morning Becomes Eclectic』でライブ・パフォーマンスを行いました。KCRW の Facebook でアーカイブが見れます。これについてはまたあとで。

by Mikai Karl

ユニバーサルの火災についてのまとめ

2008年に起こったユニバーサル・スタジオの火災で、多くのミュージシャンの多くのお宝マスターテープが焼失し、しかもそれを今年になるまで隠していたという事件。Kレコード以外のレコードはすべてユニバーサル関連下にある Beck もその被害者の一人として名前があがっていましたが、最近の The Sydney Morning Herald 紙のインタビューでその詳細を語りました。
 icon-arrow-right Beck fears most of his music has been destroyed

以下はその意訳です。

・マネージメントはまだ何が失われたか教えてくれない。彼らはニュースを伝えるのが耐え難いので僕には言っていないのかもしれない。

・リリース済みなのはレコーディングした内の10%で、未発表の90%は焼失したかもしれない。

・「Sea Change」にはアルバムの雰囲気に合わなかったから入れなかった10〜20曲のアウトテイクがあった(それも燃えたかも)。

・2001年に Sunset Sound で録音した25曲の Hank Williams のカバー・ダブルアルバムは、コピーを持っておらず、マスターテープでしかないのでたぶん失われた。

・ナッシュビルで2日で録音したカントリーアルバム、「Odelay」の前に録音した Pavement や Sebadoh のようなロックアルバム、95年に Jon Spencer Blues Explosion とニューヨークで作った10曲のアルバムもどうなったかわかんない。

 
、、、と発言したのを各メディアが取り上げ、ちょっとした話題になったところ、Beck がすかさず SNS でフォローを入れました。

I wanted to clarify some out of context quotes regarding the universal archives fire. Since the time of that interview we have found out that my losses in the fire were minimal.
Another point I want to clarify: I have had a wonderful and very close relationship with my management for 25 years through to working on my current album. x

僕はユニバーサルの火災についての文脈を無視した引用を明確にしたかった。インタビューの後、火災での僕の損失は最小限であることが分かった。
もう一つはっきりさせておきたいのは、最新のアルバムを制作するまでの25年間、僕とマネージメントは素晴らしくとても親密な関係にあるということ。

 
Beck はこれよりもうちょっと長い文を投稿、すぐに削除し、リライトして再投稿しています(上はリライト文)。リライト前の文では、オリジナルのマスターテープの大部分は安全に無傷であること、マネージメントを最高に信頼していること、お騒がせしたことについてのお詫び、問題ないしすべて順調であることが書かれてました。

うん、波風立てたくないのはわかった。で?

損失は最小限(my losses in the fire were minimal)というのはどの程度なのだろうか? インタビューで述べた未発表曲のマスターは全部焼け残ったの? バックアップが残ってたの? …と色々疑問が残りますが、まあ、具体的に明確に公言しないのが Mr. Beck ですし、とりあえずは安心しておきましょう。

しかしリリースされなかったら我々にはないも同然! これを機にリリースしましょうよ! Hank Williams 絶対いいよ!