Category Archives: report

bfa.com

11/1 選挙関連のイベントに出演

昨晩、Beck は「The Last Weekend’s kickoff rally presented by Swing Left」というイベントに顔を出しました。詳しく調べてないのでよく分かりませんが、ものすごいざっくり言うと選挙・政治関連のイベントらしいです。出演ミュージシャンは Beck のほか、Dave Grohl、JMJ、The bird and the bee の Inara George と Greg Kurstin、Alex Lilly(など) といった以前誰かんちの裏庭に集まったメンバーに加え、Yeah Yeah Yeahs の Nick Zinner と Karen O、Moby などなど。Beck は “Where It’s At” を歌いました。映像がありました。

あとこれ謎かわいい。


 
一番上の写真は bfa.com より拝借。shutterstock.com にもいっぱいあり(かぶってるけど)。Getty にもあり。

左から、ひとりだけどっか向いてる Beck、Dave Grohl、Adam Schiff 議員、Moby。

老けなさっぷりと華奢っぷりは Beck に負けない Nick Zinner。

左から、やっぱりどっか向いてる Beck、Mayor Eric Garcetti ロサンゼルス市長、みんなのアイドル Karen O。

 
ちなみに Beck が着ている気になるTシャツはこちら。


日本のイラストレーターのデザインらしいですね。日本で買ったのかね。
 icon-arrow-right チビーメタル Tシャツ / chi-bee.net

@JuddApatow - Twitter

10/27 JUDD & BECK FOR AMERICA

Beck は27日、LA の Largo at the Coronet という小さな劇場で、映画監督にしてコメディアンの Judd Apatow とベネフィット・ライブを行いました。これは People For The American Way のためのベネフィットです。メンバーは B-53’s の3人と Jason Falkner。Judd と Kumail Nanjiani の漫談の後に Beck がソロで登場して2曲をプレイ、Beck の紹介の後にバンドが出てきたそうです。最後にドラムマシーンを使ってますが、全編アコースティックです。Jason はピアノを弾いています。セットリストは下記です。

  • Everybody’s Got to Learn Sometime
  • Debra – Raspberry Beret
  • Say Goodbye
  • Blackbird Chain
  • Heart Is A Drum
  • The Golden Age
  • End Of The Day(ちょっとだけ)
  • Harvest Moon(Neil Young cover)
  • Fix Me
  • Lost Cause(Goth version)
  • Lost Cause
  • Blue Moon
  • Loser
  • Where It’s At / Life On Mars? / Good Times / Once In A Lifetime

しびれるセットリスト…! これ全部アコースティックってなんて贅沢…(アコ好きな私) “Fix Me” はジャパン公演以来です。いいな! “Lost Cause” のゴス・バージョンってなんだ! “Where It’s At” では、Jason がピアノで David Bowie の “Life On Mars?” をプレイしたそうです。B-53’s のひとりひとりの紹介もあったんですが、予定になかったみたいでちょっとびっくりな3人。Jake が “Good Times”(Dwayne がいつもやってるやつ)を、Alex が “Once In A Lifetime”(B-53’s がいつもやってるやつ)を、Cecilia は何もできなくて “Where It’s At” に戻っています。

Largo は写真厳禁なので公式の Instagram しかありません。Judd と Largoの を貼っておきます。

左から Kumail Nanjiani、Judd Apatow、ハロウィン的服装を期待したが(もちろん)いたって普通だった Beck Hansen。


 
…こういうのは日本にいたら絶対見れないよね。夢は LA に有り。

(Thanks Vinod!)

@TCSCognitiveBiz - Twitter

10/24 Oracle CloudFest.18に出演

24日は Oracle のカンファレンス「Oracle OpenWorld 2018」の一環で開催された「Oracle CloudFest.18」に出演しました。場所はサンフランシスコの AT&T Park。セットリストは下記です。

  • Devils Haircut
  • Loser
  • Mixed Bizness
  • The New Pollution
  • Qué Onda Guero
  • Dreams
  • Girl
  • Up All Night
  • E-Pro
  • Where It’s At

インスタを見た限りジェイクが不在です。アレックスか誰かが言ってたとおり前回で最後だったみたいですね。
写真もビデオもあまりありませんが、Youtube に “Where It’s At” があったので貼っておきます。途中で見失ってるねw

 
今年のバンドセットでのライブはこれにて終了です。Beck が Instagram で我々にメッセージ書いてくれています。

ツアー中にたまったイメージ(写真や映像のことだよね)がたくさんあるから、今後数週間に渡ってアップしていきますよとのこと。ツアーにはプロのフォトグラファーも同行してるし、バックステージの写真とかもあったら嬉しいわぁ。

Beck の今後の予定ですが、とりあえず27日に LA の Largo で Judd Apatow(映画監督)と一緒にベネフィット・ライブをします。きっと楽しくてゆるいやつだ!いいな!
 icon-arrow-right Judd & Beck For America – People For The American Way

Beck はよくJudd 主催のベネフィットに出張ってますね。前回はジェイソンとロジャーマニングの3人で、7曲ほどアコースティックで歌ってました。

その後の公の予定はなく、とうとう本格的なベク閑期がやって来ます。
さあどうしたもんかね… 〜🍂

@Mark_LaCroix - Twitter

10/16 Adobe Max Bashに出演

Adobe のカンファレンス「Adobe Max」が LA で開催されましたが(日本でもやってましたね)、16日の夜のお楽しみイベントである「Adobe Max Bash」に Beck が登場し、ミニコンサートを開きました。場所は LA のサッカースタジアム、Banc of California Stadium。セットリストは下記。

  • Devils Haircut
  • Loser
  • Mixed Bizness
  • The New Pollution
  • Qué Onda Guero
  • Nicotine & Gravy
  • l’m So Free
  • Dreams
  • Girl
  • Wow
  • Up All Night
  • E-Pro
  • Where It’s At

こういうイベントはコアなファンが集まりづらいので、近めの写真や映像はあまり出回ってないです。一番上の写真は @Mark_LaCroix さんの Twitter より。きれいです。
比較的近めのインスタ貼っておきます。

あと “Where It’s At”。若干ブレ気味なのがちょっと残念ですが解像度高いです。最後のちょこちょこ退場まであります。

 
次は24日、Oracle のカンファレンスです。これをもって年内の公演は終了です。

Jimmy Turrellのエキシビジョンを見て来まして

Jimmy Turrell のエキシビジョン「Two Islands」を見て来ました。場所は東京都港区白金台にある BIOTOP(ビオトープ)。ここはアダムエロペが展開する複合型のハイソなセレクトショップ。2フロアある店舗のひと部屋がギャラリーになっています。

「Two Islands」とは日本と Jimmy の国、イギリスのこと。両国の歴史とカルチャーを探求し、その共通点や相違点をコラージュで表現した… とのことです。

これらのオリジナル作品に加え、Beck の「Colors」関連のアートワークも見ることができます。垂涎だったのは、草案的なコラージュを集めたドローイングブック。「Two Islands」で3冊。「Colors」で1冊ありました。黄色い表紙が「Colors」。グラフィックや一般には未公表な写真を使ったコラージュなど、どこをめくってもBeck、Beck、Beck! 見応えたっぷりで、全ページスキャンしたいっす…!

20〜30ページあります。お店の方が話してくれましたが、このドローイングブックはレセプションの直前までちょきちょきと作っていたそうです。ギャラリーとレストランがあったスペース(9月末に閉店、来年新装開店)を作業場にして、夜中まで作業していたそうな。散らかしまくって集中している姿が絵になっていたとのこと。

2階の壁面は Beck 作品専用のスペースになっていました。手前はジャケットの草案かボツ案ですかね? これらはデジタルプリントです。ポスター挟んで向こう側はコラージュの原画です。

曲順が違う… ん? “HOW FAR” ってなにさ…!? なにさーー!?

販売は、オリジナル作品のA3サイズのデジタルプリント(税抜8,000円)と、Tシャツ(税抜7,500円)。Tシャツは M、L、XL の3サイズ展開で、女性や Beck ならMサイズをややビッグシルエットで着る感じです。生地もしっかりしてる良いTシャツでした(黄柄の黒を買った人)。

お外の通り沿いのウィンドウにはオリジナル作品が、側道沿いのウィンドウには Beck 作品のディスプレイがありました。“Wow” と “Dear Life” のビデオが流れてました。こんな街角で Beck が…! 椅子置いて眺めていたい感じです。

「Colors」のアートワークがここ日本で見れるなんてかなりレアな機会では? 決して大きくない規模の展示でしたが、立地的にたくさん人がくるところではないのでゆっくりと見ることができます。Jimmy と Beck のやりとりを想像しながらじっくりとご堪能くださいませ。

展示は10月21日までです。

ちなみに Jimmy は家族で来日しており、2週間くらい滞在しているそうです。とてもいい人だと言ってました。そして何はともあれ寿司を欲していたとのこと。やっぱ寿司だよな!