Jimmy Turrellのエキシビジョンを見て来まして

Jimmy Turrell のエキシビジョン「Two Islands」を見て来ました。場所は東京都港区白金台にある BIOTOP(ビオトープ)。ここはアダムエロペが展開する複合型のハイソなセレクトショップ。2フロアある店舗のひと部屋がギャラリーになっています。

「Two Islands」とは日本と Jimmy の国、イギリスのこと。両国の歴史とカルチャーを探求し、その共通点や相違点をコラージュで表現した… とのことです。

これらのオリジナル作品に加え、Beck の「Colors」関連のアートワークも見ることができます。垂涎だったのは、草案的なコラージュを集めたドローイングブック。「Two Islands」で3冊。「Colors」で1冊ありました。黄色い表紙が「Colors」。グラフィックや一般には未公表な写真を使ったコラージュなど、どこをめくってもBeck、Beck、Beck! 見応えたっぷりで、全ページスキャンしたいっす…!

20〜30ページあります。お店の方が話してくれましたが、このドローイングブックはレセプションの直前までちょきちょきと作っていたそうです。ギャラリーとレストランがあったスペース(9月末に閉店、来年新装開店)を作業場にして、夜中まで作業していたそうな。散らかしまくって集中している姿が絵になっていたとのこと。

2階の壁面は Beck 作品専用のスペースになっていました。手前はジャケットの草案かボツ案ですかね? これらはデジタルプリントです。ポスター挟んで向こう側はコラージュの原画です。

曲順が違う… ん? “HOW FAR” ってなにさ…!? なにさーー!?

販売は、オリジナル作品のA3サイズのデジタルプリント(税抜8,000円)と、Tシャツ(税抜7,500円)。Tシャツは M、L、XL の3サイズ展開で、女性や Beck ならMサイズをややビッグシルエットで着る感じです。生地もしっかりしてる良いTシャツでした(黄柄の黒を買った人)。

お外の通り沿いのウィンドウにはオリジナル作品が、側道沿いのウィンドウには Beck 作品のディスプレイがありました。“Wow” と “Dear Life” のビデオが流れてました。こんな街角で Beck が…! 椅子置いて眺めていたい感じです。

「Colors」のアートワークがここ日本で見れるなんてかなりレアな機会では? 決して大きくない規模の展示でしたが、立地的にたくさん人がくるところではないのでゆっくりと見ることができます。Jimmy と Beck のやりとりを想像しながらじっくりとご堪能くださいませ。

展示は10月21日までです。

ちなみに Jimmy は家族で来日しており、2週間くらい滞在しているそうです。とてもいい人だと言ってました。そして何はともあれ寿司を欲していたとのこと。やっぱ寿司だよな!

4 Comments

  1. ハムさん、こんにちは!
    日本でこんな素敵な展覧会(なんと言ってもベックが、、いたる所にいる!!!)を見れるなんて、とんでもなくレアな機会ですね!!
    ビデオも流れているのですね。私が伺った初日は、ビデオのスクリーンはあった様ですが、まだ流れていなかった様でした。なので、また近々、現地へ行こうと思います!!あのディスプレイウィンドウは、お昼ではなく、やはり夜に眺めるのが一段と素敵な気がするので、願わくは夜に行きたいです!じっくりと目に焼き付けて来ますね。
    またまた貴重な情報をありがとうございました!!

  2. > AquaOrchidさん
    こんにちわ!
    なんだか不思議な光景でしたね。BIOTOPは何度か来たことがありましたが、まさかここでBeckのあれこれが見れるなんて。
    ビデオは私が行った時も不調だったようで、帰りにようやく見ることができました。お昼に行くと壁がいい感じなので絵になりますが、夜だと街角にぼんやりBeckの光が見えるので面白いです。ビデオが無事に見れればいいですね!

  3. 今晩は!そうなのですね。ビデオが好調な時に行ける事を祈りますが、不調だったらまた再度行ってしまいそうです・笑
    さすがお洒落なハムさん、BIOTOPに行かれた事があったのですね。
    私はBIOTOPに行った事はありませんでしたが、大好きなチョコレート店がどうもBIOTOPの道を挟んだ隣にある様だと気付き、今度行った時に寄ろうと思います!
    さすがハイソな白金ですね☆

  4. > AquaOrchidさん
    行ったことがあるだけで買ったことはありませんが(笑
    あそこらへんは独特の雰囲気がありますねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

< TOP >