by Matt Winkelmeyer from Getty Images

11/3 2018 LACMA Art + Film Galaでパフォーマンス

3日に LACMA(ロサンゼルス・カウンティ美術館)で行われた「2018 LACMA Art + Film Gala」。アート、映画、ファッションなどの各分野で活躍する著名人たちが一堂に会して、功績をたたえたり、資金を集めたり、飲んだり食ったりするイベントです(多分)。今年はアーティストの Catherine Opie と Guillermo del Toro 監督が表彰されました。主催が GUCCI とだけあって、GUCCI を着まくったセレブが大集合です。

余興としてミュージック・パフォーマンスも毎年あるんですが、今年の担当は Beck です。Beck は GUCCI のジャケットと紫のプッシーボウのシャツで登場。バンドは基本的にいつものメンバーですが、ドラムは Chris に変わりにまたしても Dave Grohl、Jake の変わりに Greg Kurstin が加わっています。そしてゲストボーカルに St. Vincent を呼びつけています。

「よその家族が野球観戦やキャンプに行くように、僕の家族はここ(LACMA)へ来ていた」と Beck。「家族が成長してきた場所なので、ここにいることはとても特別なんだ」と言っていたそうです。

曲順はわかりませんが、“Devils Haircut”、“Loser”、“E-Pro”、“Where It’s At”、そして St. Vincent と Blondie の “Rapture” を歌っています。

“Loser”

“Rapture”。カンペがん見でラップしてます。


 
こちらはレッドカーペットの Beck さん。素敵です。おGUCCI のスーツかしら。
(by Neilson Barnard from Getty Images)

お写真は Getty Images にいっぱいあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

< TOP >