10/23 日本武道館公演

さて、、、
昨夜、Beck さんは日本を飛び立ちました。すでに愛する家族が待っている LA に戻っていることでしょう。Beck、来てくれて本当にありがとう! 疲れが速やかに癒されますように。
心身ともにフルスロットルの3日間でした。これからぼちぼちまとめていきたいと思います。まずは23日・日本武道館公演から!


当日は朝から完全にフワフワしてたので、早過ぎだろっと思いつつ、昼すぎには武道館に向かった。LAN の野郎(台風21号)は明け方には東京を通りすぎていたので、御空は青く、武道館のタマネギも燦々と輝いている。到着した頃にはサウンドチェックも始まっており、瑞雲たなびく空の下、風にのって Beck の歌声が聴こえてくる。あぁ、Beck がそこにいる! Beck! Beck!

始まるまで、物販の様子眺めたり(あの日本Tシャツ結構売れてたぞ!)、人々の記念撮影の様子を眺めてましたが、私のポンチ絵のトートバッグを持ってる方が何人かいらして、ちょっと感動。このバッグをライブに持って行こう!と思う気持ちが嬉しいしかわいい。

暇なので Instagram をチェックしていたら、Beckチームの人が、さっきそこらへんを散歩してた白いもふもふしたでっかい犬と Beck の写真をアップしているではないか! あの犬、Beck の知り合いだったのか!?

(↑これは飼い主さんのポストだけど)ラブリー3点セットです。美脚です。こうなったワケを後で伺ったので、然るべき時がきたらしたり顔でお話します。

そして開場。
聖なる色紙所持者である私は神のご加護を受け(?)最前列で見ることができました。どセンターだとマイクで顔が見えないので、ちょい左より。神に感謝です。前座は Cornelius。Cornelius を最前列で観れるってのもまた贅沢な…!

Cornelius のライブは1度観てるけどそれは 69/96 の頃なので、つまりこれが初めてと言ってもよいでしょう。ドキュメンタリーで見ていたので内容はわかっていたけど、気持ちの良い素晴らしいライブでした。テルミンを弾く小山田さんかっこいい。最後の “あなたがいるなら” がすごく良かったなー。「次はお待ちかねの Beck です。楽しみましょう」と、最後に人間味をちらつかせて小山田さんは去って行きました。次はお待ちかねの Beck です! Beck! Beck!

前で観るのと後方やスタンドで観るのとではだいぶ印象が変わると思うし、後ろのオーディエンスがどう反応してるのかも私は分からないので、あくまで私の感想のみをくっちゃべります。

満を時して出てきた Beck はもうそこにいるだけで最高でした。いつものサンローランの上下にスクエアドットの白シャツ、そしてハットといった素敵スタイル。細長く形の良い肢体に、最高にかっちょいいぴかぴかのでっかいお靴まで見える! 最前すげぇ! Beck! かっこいい Beck! 1曲目はもちろん盛り上がらないわけがない “Devils Haircut”!

2曲目に “Nausea” をもってきたのは意外でしたね。久しぶりに聴いた。そして定番にして最高にクールな “Black Tambourine”、大好きな “Think I’m In Love”、Pollution、Guero とたたみかけ、そのあとに “Wow”。ここで “Wow” を入れるのも意外だった。“Wow” よかったよ! “Wow” をライブで始めた当初は後半の展開する部分がなかったんだよね。私は後半が好きなので、ちゃんとやってくれて嬉しいです。ワ〜ォするの楽しい。

そして聴かせる系ゾーンに突入。“Lost Cause” で Beck が今そこにいる事実をじんわりと実感する。私周辺は割と男性率高めだったと思うけど、この時は男も女もみんなは動きを止めて、全身で Beck の歌を聴き取ろうとしてる雰囲気が感じられた。各々がほわわんとして、自分と Beck だけの世界に没頭する。至福すぎる。はー 泣けるー。

Hamさん(@hamcane)がシェアした投稿

“Girl” から後半のダンスタイムへ突入。「Colors」からは “Colors”、“Dreams”、“Up All Night” と3連発ですよ。ここらへんが一番お客さんの反応がすごく良かった気がするんだけどいかがでしょうか? みんなちゃんと聴き込んで、楽しみに待ってたっていう気持ちが大爆発した瞬間だったように感じた(少なくとも前の方はそうだったよ!)。でも “Colors”、サビをどう歌っていいのか分からないよね☆(Beck も歌ってないし)

「Colors」の曲を初めてまとめて聴くことができたわけですが、“すべての人に向けた”という「Colors」のコンセプトどおり、みんなが無条件で楽しめるライブ映えする曲だなーと体感した。コーラスをシンガロングできるし、飛んだり揺れたりとメリハリがある。Beck のボーカルが大雑把でもノリで何とかなるし、むしろオレが歌ってやるよくらいな勢い。うん、ライブで聴きたい曲がまた増えて大変だ!

そんでもって、“Loser” でまた一泡吹かせて、“E-Pro” でダン。“E-Pro” の途中のハウ〜ハウ〜のところのダンス(ダンスかなアレ?)がすごくかわいかったんだけど映像残ってないなー。残念。

そしてアンコールの “Where It’s At”。Beck さんは白ジャケット、白ハットで再登場。ビデオはメンバー紹介から。

Dwayne が “Good Times”を、Jason が武道館デビューということで Cheap Trick の “Surrender” を歌っています。B-53’s が “Once In A Lifetime” の替え歌を、Roger Manning が “Cars”、Chris Coleman が “In the Air Tonight” をプレイしてます。Chris はいい音だすね〜。力強いがすっきりとした澄んだ音! Beck はいつもどおり “One Foot In The Grave”。Beck、オ〜オオ オ〜オって言うのが癖になってるよね。ウララ サッソン〜とかでもいいんだよ? Beck は最後「アリガトゴザイマシタ See you next year」と言って帰って行きました。See you next year だってよ!?

<セットリスト>

  • Devils Haircut
  • Nausea
  • Black Tambourine
  • Think I’m In Love
  • The New Pollution
  • Que Onda Guero
  • Wow
  • Mixed Bizness
  • Soul Of A Man
  • Go It Alone
  • Lost Cause
  • Blue Moon
  • Girl
  • Colors
  • Dreams
  • Up All Night
  • Loser
  • E-Pro
  • Where It’s At

 
すごく楽しくて満足なライブでした! 前座があったのと時間に厳しい武道館ということもあってか、曲数が若干少なめでしたが、Beck が最高であることには違いありません。Beck 最高です。この最高な Beck を次の日も観れるんだからもう最高すぎです。しかもその2日目がさらに最の高だった…! それはまた別のお話…

最後にインスタで見つけた素敵なお写真を連打してお別れです。

鴨さん(@kamo2626)がシェアした投稿

lo_olさん(@lo_mink)がシェアした投稿

lo_olさん(@lo_mink)がシェアした投稿

6 Comments

  1. こんにちはハムさん!
    レヴューありがとうです‼︎
    も〜〜BECK最高でしたね〜♡
    私も嵐の中(LANの野郎)、仙台を発った甲斐がありました。
    ほんーーっとに最高に最高に夢見心地でステキな時間をBECKファンの皆さんと共有できて幸
    せでした〜〜♡♡♡
    来年も絶対来て欲しいな〜〜

  2. Hamさんこんにちは!武道館レポートありがとうございます♪私はアリーナの真ん中辺でした。周りも盛りがってましたヨ!Hamさんトートも持っていきました!Loser聴けたし、生Beck 観ながら「あなたの曲で育ったんだよ」と感慨にふけりながら泣きそうにりました。踊りましたー!Beck 最高でした。
    ブログの来日シリーズ続き、楽しみにしてます!

  3. > ihiroさん
    地方の方々は大変でしたね今回。不安でピリピリしたことでしょう。無事に見れて本当によかった!
    Beck最高です! バンドも安定感あったし、大なり小なり不満に思うことが何ひとつなかった。終わった今も幸せな気持ちになれますね。来年来るって言ってたし、楽しみね!

  4. > donburittoさん
    初コメントですよね! ありがとうございます!
    Beck最高です! ふけりますよね、感慨。ほんと、いつだってBeckの曲と過ごしてきたから、全曲が沁みます。泣き笑いで踊りました。来年もくるみたいだし今度はぜひ小さな会場でのライブを体験しておくんなまし。

  5. 9月は3回も来た武道館も今年の〆ライブは初めてのBeck !
    私は南東スタンドでしたが、前列通路でバーがある端っこの良席。
    Corneliusについては小山田氏のバンド位の知識しか無かったので座って聴いて体力温存。
    スタンドってアリーナよりノリがイマイチのパターンが多いのと、周りも年齢層高めだったので一抹の不安を感じつつ…。
    でも始まったら、もう周りのノリの悪さななんて関係ない!
    隣の若い女の子も、最初は立ちもしなかったけど、やっぱりcolorsからの曲だとノってましたね。若い子ウケするんですね、やっぱり。
    私は短期集中学習(1週間)のお陰で、知らないのは2曲位であとはノリまくりました!
    武道館のスタンドは羽目外すと、足元怖いのでそこは自制しましたが。
    あー、思いきって参戦して本当に正解でした!Beck は動いてるのが視認できる程度でしたが、あの歌声を聴けて踊れるだけで大満足!
    もうBeck ロス半端ないので、早く年明けて来日情報聞かせて欲しいです。

  6. > るかままさん
    今回ステージを映すスクリーンがなかったので、後ろの人は顔とか見えなかったろうなと思ってました。楽しんだようで何よりです。来年本当に来るのか疑問ですが、リピートするお客が多そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

< TOP >