Category Archives: other

Bogus Flow cassette(更新あり)

Steve Hanft( “Loser” のビデオの監督など)が自身の Youtube に「Bogus Flow cassette」なる音源をアップロードしました。
(更新:以下をちょっと書き換えました)
 

 
Youtube のコメントによると…

Lisa Dembling(ドラム)、Clare Crespo(ベース)、Leo LeBlanc(ペダル・スチール)による Liquor Cabinet( Steve と Beck(?)のバンド)の曲がいくつか含まれる、1993年からの Steve と Beck の4トラック・ソング。 これを録音してくれた Mario Prietto とダビングしてくれたPamに感謝します。

らしいです。ほえー
全部で12曲の約23分! 下記は whiskeyclone.net の番長による曲の概要です。’ ‘ 内は仮タイトル的な。

  • 01. ‘Feel The Bunny’( Beck が歌ってる)
  • 02. ‘Homeless’
  • 03. インストルメンタルと咳
  • 04. ‘It’s Time To Rock’( Beck が歌ってる)
  • 05. ‘The Day I Lose My Mind’( Beck が歌ってる)
  • 06. ‘They All Died’( pay no mind って言ってる?)
  • 07. ‘I Want Your Body’
  • 08. 後に LC が “Mile High” でリリース
  • 09. Thomas Hendrix( “Dead Wild Cat” の人) の断片?
  • 10. 後に LC が “Razario” でリリースのインストルメンタル(
  • 11. ‘Smear The Sauce’( Beck が歌ってる)
  • 12. ‘Bringing It Back To The City’( Beck が歌ってる)

いい感じです。あの年代の、あそこらへんの、あの感じです。Beck は全曲に関わってるのかな? 7曲目のコーラスも Beck? よい曲です。 10曲目のギターのインストもかっちょいいね。最後もグッド。タイトルが「Bogus Flow cassette」なので “Bogus Flow” の別バージョンでも入ってるのかなと思いきやそうではなかった。歌詞はこちらをどうぞ。

(更新1/9)SteveがYoutubeのコメントに曲名を追記しました。👍👍👍

  • 01. Feel the Bunny
  • 02. Bologna
  • 03. Slimy Jazz
  • 04. Time to Rock
  • 05. United Whiskey Man
  • 06. Metal Star
  • 07. Slimy
  • 08. Mile High
  • 09. Moved to the Underground
  • 10. Razario
  • 11. Smear the Sauce
  • 12. Bringin it Back

とういうわけで、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

リイシューLPのダウンロードについて

リイシューされた「Odelay」「Sea Change」「Guero」の LP。すでに入手された方も多いと思います。これらの LP は付属のコードより MP3 か WAV のデジタルアルバムがダウンロードできる仕様ですが、「Guero」と「Sea Change」は、ダウンロードのページが Not found の状態です。販売元に問い合わせたところ「レーベルから音源が届くのが遅れてるんだよね…。あと数日で来て欲しいんだけど…。待たせてごめんちょ」との返答が。わかった、あたし、待ってる!
「Odelay」は動いているみたいです(買ってないので分かんないけど)。

「Sea Change」はハイレゾがリリースされてますが、「Odelay」のハイレゾはないし、「Guero」は DVD オーディオがあるけれど持ち出せないので、この両者の WAV 音源ってのはわりと興味深いのである(ハイレゾかどうかは分からないけど)。なのでコード狙いで「Odelay」も欲しいのだけれど、最近 Bong Load のを買っちゃったしなー…と。

ちなみに次のリイシューは、2月に(3月かも)「The Information」と「Mutations」が出るような匂いが漂っていますよ。インフォが楽しみ!

Holiday Sale(追記あり)

ホリデーーーセーーーール!
…が、始まりました。$75以上のご購入で送料無料です(ただしUS国内のみ!イエイ 日本だと普通に$16とかかかります)。また、Tシャツかトレーナーをご購入の場合はTシャツ1枚( GimmeT か SuspendedT の2択)が、『Song Reader(楽譜 or LP)』をご購入の場合は Song Reader トートバッグが、$75以上のご購入の場合はサイン入りポスターが付いてくるそうです! ウッソーー!
サイン入りポスターは One Foot DX に入っていたモノクロブランコ Beck ちゃんです。
全体の価格はどうなの? 安くなってるの? 元の値段を覚えてないから分かりまへん。買い渋っていたTシャツやレコードがあればこの機会にどうぞ。セールは11月28日まで!
 icon-arrow-right https://beck.shopfirebrand.com


金曜夜24:30~25:30に、スペースシャワーTVで「Cornelius performing Fantasma US ツアー密着ドキュメンタリー」が放送されます。これは Cornelius が今夏に行った西 US ツアーの様子をおさめたドキュメンタリーだそうです。Beck がテルミンでフラダンスしたあのツアーです。なので Beck がちらっと出てくる可能性が無きにしもあらず。リピート放送は12月10日と30日にあるので、フジロック関連番組で課金疲れしてるあなたは Ham のレポートを待ってからでも遅くなくってよ。
 icon-arrow-right Cornelius performing Fantasma USツアー密着ドキュメンタリー

以上! ハイ!

 
(追記報告)
番組の後半、各会場でのテルミンのゲストをまとめた映像に Beck 登場(他の人たちよりちょい長めに編集されてました。フラダンスはなし)その後、バックステージで Edgar Wright と二人でコメントしてます。冗談言ったりして和やかでしたよ。Jason Falkner もコメントしてました。番組自体もよかった。

from Getty Images

Capitol Recordsのパーティーに出席

Capitol Records は75周年だそうで、昨夜その記念パーティーが LA の Capitol Records Tower で行われました。Beck さんも出動です。上の写真は CEO の Steve Barnett とミュージシャンの Bob Seger とのショット(Gettyより)。Beck 久しぶりに見た。蝶ネクです、蝶ネク。
その他のお写真はこちらをどうぞ。Beck の安定したほんにゃら顔をお楽しみください。

Capitol Records は12月に記念本『CAPITOL 75 TASCHEN BOOK』を出版するようですが、その序文を Beck が書いているそうです。
 icon-arrow-right CAPITOL 75 TASCHEN BOOK
進化した Google 翻訳によると「この本には、Beck の序文と文化史家、音楽と建築家の批評家によるエッセイだけでなく、Capitol の膨大なアーカイブからの何百もの画像が含まれています。」とのこと(うん、進化してるね)。価格は$150。どっかでパラ見したいです。


古今東西のレコーディング秘話をまとめたドキュメンタリー「Soundbreaking」(全8エピソード)が今週から PBS で放送中ですが、本日 Beck が登場するエピソード2が放送されました。すでにこちらでフル映像が見れます。アメリカのテレビ番組はすごいねー。ですが(もちろん)日本では見れないので要ごにょごにょです。
 icon-arrow-right Soundbreaking | Ep 2 | Painting with Sound

まだちゃんと見てないので分かりませんが、Beck のシーンは1分くらいです。Nigel Godrich × Radiohead のところにもちらっと出てきます(疑惑の眉毛)。

161116a

161116b

161116c
 
DVD/Blu-ray は11月29日に発売  icon-arrow-right amazon.co.jp

Leonard Cohenが逝去

Leonard Cohen が亡くなりました。それを受け、Beck が Instagram に Leonard への感謝の言葉を綴っています。


 
 
恐れ多くも訳させていただきました(もちろん自信は微塵もありませんので…。修正するかも)。

さようなら レナード。あなたの言葉、あなたの曲、紳士で巨匠で英雄だったあなたの人生にありがとう。
深淵を見つめてくれたことにありがとう。あなたと時間を共有できたことに、きめ細やかに細工されたダイアモンドを与えてくれたことに、魂が住まう暗い隅っこに光を照らしてくれたことに、言い表せなかった思いを類のない言葉で表現してくれたことに、ありがとう。
今夜、僕たちはあなたを讃え、あなたに感謝します。

 
Record Club で Binki Shapiro とカバーした “Winter Lady” を貼っておきます。
美しい曲。